仕事を辞めたい

 

今回は、職場を辞める際の退職理由ついて書いていきます。

 

先に要点をまとめておきます。

 

退職理由には本音と建前があります。

仕事を辞めたい

会社を辞めたいと言うと、職場から会社を辞めさせないプレッシャーを受けることがあります。道義的な問題は別にして、法律的には、職場のプレッシャーは無視しても問題はありません。法的な手続きを確実に行うことによって問題なく会社を辞めることがで ...

仕事を辞めたい

バイト先の店長にバイトを辞めたいと伝えたところ、店長が辞めさせてくれない場合、まず、店長を説得して合意退職に持っていきます。それが不可能であれば、契約期間が満了まで我慢して働いて、満了時に退職します。満了時であれば、店長が何と言おうと ...

仕事を辞めたい

コンビニのバイトを辞めたいと店長に伝えてけれども、店長が辞めさせてくれない場合、話い合いで折り合いが付けば契約期間前でも辞められますが、そうでない場合には、つらいですが契約期間の満了まで待って退職するのが原則です。たとえコンビニのバイ ...

仕事を辞めたい

看護師が勤務先を辞めたいといったけれども勤務先が辞めさせてくれない場合、看護師にも平等に民法や労働基準法が適用されますので、無期契約の場合には、退職届の提出₊2週間で勤務先を退職できます。ただし、再就職のことを考えると円満退職がベスト ...

仕事を辞めたい

派遣のお仕事のみ辞めたい場合には、次の派遣のことがありますので、派遣元が辞めさせてくれない時は、契約期間の満了まで我慢して勤めましょう。契約期間が満了すれば問題なく派遣を辞めることができます。派遣元も辞めてしまう場合には、通常の会社を ...

仕事を辞めたい

会社を辞めたくても会社が辞めさせてくれない場合に、会社を押し切って会社を辞める場合に知っておくと役に立つ法律の条文は、労働基準法第5条、民法627条第1項及び第2項、労働契約法第5条です。これらの条文は是非覚えておきたいものです。

仕事を辞めたい

会社を辞めようとしても会社が辞めさせてくれない場合でも、労働者の方には退職の自由が保障されていますので、退職の強い意思を持っていれば最終的には会社の方が折れて、退職できます。会社ができることは辞めないように説得するだけで、それ以上のこ ...

仕事を辞めたい

会社を辞めたいのに会社が辞めさせてくれない場合、問題が深刻であれば、行政指導が可能な労働基準監督署内の総合労働相談コーナーに相談します。問題がそれほど深刻でない場合には、固く退職の決意があれば、会社の方が折れざるを得ないので、最終的に ...

仕事を辞めたい

アルバイトの方にも等しく労働関係諸法令が適用されますので、退職の自由があり、固く退職の決意をしていれば、最終的に会社をそれを認めざるを得えません。退職に関する一定の手続きを踏む必要はありますが、原則として、アルバイトを辞めることは自由 ...