仕事を辞めたい

40代での仕事を辞めることは、再就職が難しいという理由で、非常に危険です。会社を辞めないと命に危険があるという特殊なケースを除いて、できるだけ、会社を辞めないで問題を解決したいです。ただし、管理職として転職できる場合には、辞めてもよい ...

仕事を辞めたい

会社を辞めることを伝えるタイミングは、退職予定日の1か月から3か月前が理想です。このタイミングであれば、会社は余裕をもって引き継ぎができます。退職を伝える際には、事前にアポをとります。退職理由は「一身上の都合」十分です。

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

パワハラ被害を受けて退職した後に、退職した会社から訴えられる可能性があるのは、在職中に社会保険料の未払いがある場合に、会社からのその支払いの要求を無視した場合と、引き継ぎをしないで退職した場合です。いずれの場合も弁護士に相談します。

仕事を辞めたい

仕事を辞めたいと思う時は誰にでもあります。その時は、自分の仕事を見直すい良い機会ですので、本当に今の仕事が自分に合っているのかなどを、よく考えてみます。その結果、転職したほうが良いという結論が出た場合には、転職を検討します。

仕事を辞めたい

会社を辞めたいと伝える時期は、退職予定日の1か月~3か月前が理想的です。法律的には、正社員の場合、退職の2週間前に申し入れをすればよいことになっていますが、余裕をもって引き継ぎをするためには、申し入れから退職までの時間をもう少し長くと ...

仕事を辞めたい, 退職代行

会社がどうしても辞めさせてくれない時に、無断欠勤を2週間続けて懲戒解雇になって会社を辞める方法は、非常に分かり易い問題の解決方法です。しかし、この方法には、再就職に支障が出るなどの重大な弊害があります。そこで、そんなケースでは退職代行 ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

パワハラ被害を理由として退職した後、会社が賃金や退職金の未払いを起こした場合、又は、パワハラが原因と思われる精神疾患を発症した場合は、労働基準監督署に相談します。離職票を交付しない場合はハローワークへ、社会保険の退職手続きをしない場合 ...

仕事を辞めたい

人手不足を理由に会社が退職しないように迫ってきても、急な退職者が出たことによる人手不足を解消するのは会社の責任なので、退職する方は、それにこだわらず、退職する方が自分に有利であれば、堂々と退職すべきです。なお、このケースで退職代行を利 ...

仕事を辞めたい

新人として就職した会社を辞めたいが、そのことを言い出せなくて困っている場合、両親や職場以外の先輩などにその方法を聞いてみるのが良いでしょう。労働組合の相談窓口や労働基準監督署等に設置されている総合労働相談コーナーに相談してみてもいいで ...

仕事を辞めたい

現在の日本では、労働者に退職の自由が保障されているので、固く退職の意思を持つ限り、最終的にはどんな会社でも退職できます。会社を辞められないという場合、退職手続きの問題ではなく、退職後の不安だとか、仲間を裏切るような気がするとか、そうい ...