【職場を辞めたい】辞められないと悩んでいる方にお勧めする退職方法

2020年2月15日

こんにちは。

 

今回は、職場を辞めたいけれども辞められないと悩んでいる場合について書いていきます。

 

こんな時には、退職代行サービスを利用するという方法があります。

退職代行サービスを利用すれば、会社の人間と顔を合わせることなく、即日に退職できます。

 

職場を辞められない時の最終手段

 

職場を辞めたいけれども辞められない場合の最終手段は、退職手続きを他人に頼る方法です。

 

他人に頼るといってもそれは親や兄弟、友人・知人に頼るのではなく、

プロ(退職サービス事業者や弁護士事務所)に頼むことです。

 

退職代行サービス事業者に頼んだ場合には料金が発生しますが、

会社の上司や同僚と顔を合わせることなく即日に退職できます。

多くの方が利用する理由は、会社の人と会いたくないからです。

 

業者に依頼する場合には料金がかかりますが、

料金を支払うことで逆に踏ん切りがつくということもあります。

 

会社を辞めるか辞めないかで悩んでも結論が出ない場合には、

思い切って事業者に手続きを依頼するということも検討してみるべきでしょう。

ただし、これはあくまでも最終手段です。

 

辞める辞めないは自分次第

 

現在の法律では労働者に退職の自由が保障されています。

会社の社内規定よりも法律が優先されます。

会社が合法的に実施できる退職引き留めの手段は、話し合いによる説得のみです。

 

会社が暴行や脅迫などの違法な手段で退職を妨害してきた場合には、

労働基準監督署などに相談すれば解決できます。

 

会社が話し合いによる説得しかできないということは、

労働者の方が固く退職の意思を持つ限り、

会社はそれを認めざるを得ず最終的には退職が可能だということです。

 

結局のところ、会社を辞めるか辞めないかを決めるのは会社ではなく、

労働者の方自分自身だということです。

 

「辞めると会社の同僚に迷惑がかかるから」

「会社の上司に辞めないでと懇願されている」

等と言うことは本質的なことではありません。

 

自分が本当に会社を「辞めたい」のか「辞めたくない」のかをもう一度確認することが大切です。

 

辞めたいと思うならやめた方がいい

 

職場を辞めたいと思う場合、何か職場に嫌なことがあるのだと思います。

 

職業生活は非常に長いですから、

そのイヤなことが改善しないと、非常に長い間つらい思いをします。

 

1年2年であれば我慢もできますが、10年や20年といった長期間も我慢を続けると、

精神的におかしくなってしまうこともあります。

会社を辞めたいと思うような場合には、その会社で十分に活躍することはできません。

 

働くこと自体を止めてしまうのは問題ですが、

より活躍する職場に移るために職場を辞めるのは決して悪いことではありません。

 

会社の方も、いやいや働いている何時辞めるか分からない社員を雇うことはよいことではありません。

 

ケースにもよりますが、辞めたいと思ったら、

あまり我慢せず思い切って辞めるという行動が良い結果をもたらすこともあります。