仕事を辞めたい

深刻なパワハラ問題の解決には労働局からの行政指導が最も効果的な方法なので、労働局はパワハラに関する最も重要な相談先です。実際に労働局に相談に行く場合には、直接出向くことはしないで、事前に最寄りの労働基準監督署の総合労働相談コーナーで相 ...

仕事を辞めたい

強烈なパワハラを受けると精神的不調を起こしますが、それに関連したメンタルヘルスの相談窓口であれば、会社の従業員の支援プログラムの一環として提携している事業者の相談窓口であれば、24時間対応のものがいくつかあります。また、行政機関が運営 ...

仕事を辞めたい

パワハラの相談窓口としては①会社内部の相談窓口②総合労働相談コーナー③警察の3機関が考えられます。会社の内部の相談窓口に相談して問題が解決できれば一番よいのですが、それが不可能の場合には労働基準監督署や労働局、警察などの行政機関に相談 ...

仕事を辞めたい

就職してから3か月で会社を辞めることは、転職活動に悪影響を与えるのでよいことではありません。しかし、ブラック企業に就職した場合や、短期間で会社を辞めることのリスクは分かっているが、それでも会社を辞めたいという場合には、3か月で会社を辞 ...

仕事を辞めたい

過度の長時間労働やパワハラによってストレスを受けている場合には、会社を辞めることを検討したほうが良いケースがたくさんあります。そういった深刻なストレスでない場合には、休養や趣味に打ち込むことでストレスを解消すれば会社を辞めたい気持ちが ...

仕事を辞めたい

現在の仕事が自分に合っていて、やりがいを感じることができるか否かということは、その人の幸福感に重要な影響を与えます。別の会社に移ることにより確実によりやりがいのある仕事に就くことができるのであれば、自分に向いていない現在の会社を辞める ...

仕事を辞めたい

就職してから半年が経過すると、就職した会社がどんな会社かということを客観的に判断できるようになってきます。この時期は転職の1つのタイミングですが、就職した会社がブラック企業でない限り、会社が合わない場合でも、そこでやめないでもう少し頑 ...

仕事を辞めたい

会社を辞めたい場合の相談先としては、まず身近な会社の同僚、上司、そして、知人・友人・家族などがまず考えられます。ただし、会社とトラブルになっている場合には、会社の内部の人間には相談しにくいので、総合労働相談コーナーなどの外部機関に相談 ...

仕事を辞めたい

退職理由で多いのは、給与などのお金に関するもの、人間関係、労働時間等の待遇に関するもの、やりがい・達成感が感じられない、といったことです。「体調を崩した」「結婚・家庭の事情」は、建前は別として本音の退職理由となることは意外と少なくなっ ...

仕事を辞めたい

法律上は会社を辞めるのに特別な理由は必要ありません。「ただ何となく」という理由でも会社を辞めることができます。ただし、会社を辞める際にはものすごいエネルギーが必要ですから、特別な理由がなく会社を辞めることは決しておススメできることでは ...