パワハラ関連

労働局は、パワハラに関する問題を直接取り扱う行政機関です。従って、パワハラに関する問題がなかなか解決しない場合には、最終的には労働局に相談することになります。労働局が主に行うことは、当事者の間を仲介し、話し合いによる解決を求める助言や ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

パワハラ被害を受けて退職した後に、退職した会社から訴えられる可能性があるのは、在職中に社会保険料の未払いがある場合に、会社からのその支払いの要求を無視した場合と、引き継ぎをしないで退職した場合です。いずれの場合も弁護士に相談します。

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

パワハラ被害を理由として退職した後、会社が賃金や退職金の未払いを起こした場合、又は、パワハラが原因と思われる精神疾患を発症した場合は、労働基準監督署に相談します。離職票を交付しない場合はハローワークへ、社会保険の退職手続きをしない場合 ...

パワハラ関連

会社でパワハラ被害を受けた場合、社内にパワハラ相談窓口があり、それが信頼できるものであれば、そこに相談してみるとよいでしょう。その窓口が信頼できない場合又は社内に窓口がない場合には、労働基準監督署等に設置されている総合労働相談コーナー ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

職場でひどいパワハラを受けたことを理由として会社を辞めた場合、特定受給資格者に該当し、退職後のハローワークからの基本手当の受給上優遇措置を受けることができる、特定受給資格者に該当するのが原則です。ただし、会社がパワハラを否定している場 ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

職場でパワハラを受け、働くのが怖い場合、その会社や職場に未練がなければ、退職代行を使ってあっさり辞めてしまい、パワハラのない新しい会社に再就職したほうが良いケースがあります。転職が難しい公務員や大企業のパワハラ問題は深刻化する傾向があ ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

モラハラ被害を受けた場合、初めは話し合いや、加害者の転勤を待つなどして、退職しないで解決する方法を考えます。退職しないで解決できそうにない場合は、モラハラのない別の職場に転職することを考えます。 転職が難しい正社員のモラハラ被害は深刻 ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

会社が辞めさせてくれない場合の最善の対処法は、退職の意思を固く持つことです。退職を申し出た従業員に対して会社ができることは、話し合いによる説得のみですので、退職の意思を固く持つ限り必ず退職できます。会社が違法な手段で退職を妨害する時は ...

パワハラ関連, 有給休暇に関する悩み

会社が、暴力や脅迫などの違法な手段を使って、辞めさせてくれない場合や、会社が退職時の有給休暇の請求を無視して、給料の未払いを起こしたような場合、労働基準監督署は労働者の味方になってくれる心強い公的機関です。そういった場合には、労働基準 ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

正社員の場合、仕事に生活がかかっていますので、職場の人間関係が悪いと、会社を辞めたくても辞められない深刻な事態に陥ります。しかし、特に40代以降の場合、転職が難しくなりますので、できれば、人間関係を改善する努力を行って、会社に残った方 ...