パワハラ関連, 仕事を辞めたい

都道府県労働局は、厚生労働省の地方出先機関で、労働基準監督署やハローワークの上位機関に該当し、各都道府県ごとに1か所ずつ設置されています。労働局は、労基署に比べて、より大きな労働問題を取り扱うので、辞めさせてくれない相談の相談先として ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

上司が怖いと、萎縮しまって仕事が手につかなくなることがあります。部下を厳しく指導するという怖さならばいいのですが、単に自分の憂さ晴らしの部下をいじめている怖さもあります。怖いことがパワハラに該当する場合には、人事課などに相談して改善を ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

上司が怖くて委縮する場合、上司の具体的な言動が、パワハラに該当するかどうかを判断します。パワハラに該当すると判断した場合は、上司の上司や内部通報窓口、労働基準監督署の総合労働相談コーナーなどに相談します。パワハラに該当しない場合は、我 ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

無断欠勤を2週間続けて懲戒解雇になることで仕事を辞めるバックレは、弊害が多く、普通の退職では使えない方法です。しかし、過労死ラインを超える残業を課されたり、職場でひどいパワハラを受け、命の危険にさらされている状態では、バックレで辞める ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

上司の怖さがひどいと、仕事が手につかなくなり、ひどい時には、ストレスをため込んでうつ病を発症することがあります。上司の怖さがパワハラであれば、人事課に相談するなどのパワハラ対策を取ります。そこまでひどくなければ、うまい克服方法を考えま ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

消防士が辞める場合の辞め方は、基本的には、普通のサラリーマンが辞める場合の辞め方と同じです。ただ、消防士は公務員なので、退職時期が人の入れ替わる年度末が望ましいことと、退職手続きをより丁寧に行った方が良い点などが少し異なります。

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

職場から受けるストレスなどを原因としてうつ状態となると、仕事に対するやる気を失って、仕事を辞めたくなります。軽いうつであれば、休暇を取ってリフレッシュすれば治りますが、うつ病となると、問題は深刻です。うつ病となる前に、仕事を辞めること ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

女性多い職場では、特定の職員を対象に集団で無視することがよく行われます。女性は、人間関係が良くないと仕事が滞ることが多いので、無視されると、簡単に崩れてしまうことがあります。しかし、職場の無視は、対策をきちんと立てれば、意外と簡単に解 ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

女性の多い職場の人間関係において、大奥のお局様のような怖い女性がいて、その女性が職場を仕切っている場合、その女性にどう対応するかは、非常に重要な問題です。結論から言えば、こちらが大人になって、その女性の機嫌を損ねないようにするのが良い ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

会社の人間関係を改善するには、パワハラやモラハラを絶対許さないという雰囲気や、部下が上司にものを言いやすい風通しの良い社風を作り上げる必要があります。社長自ら、そういったメッセージを会社全体に発信していけば、会社の人間関係は必ず良くな ...