パワハラ関連, 仕事を辞めたい

女性多い職場では、特定の職員を対象に集団で無視することがよく行われます。女性は、人間関係が良くないと仕事が滞ることが多いので、無視されると、簡単に崩れてしまうことがあります。しかし、職場の無視は、対策をきちんと立てれば、意外と簡単に解 ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

女性の多い職場の人間関係において、大奥のお局様のような怖い女性がいて、その女性が職場を仕切っている場合、その女性にどう対応するかは、非常に重要な問題です。結論から言えば、こちらが大人になって、その女性の機嫌を損ねないようにするのが良い ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

会社の人間関係を改善するには、パワハラやモラハラを絶対許さないという雰囲気や、部下が上司にものを言いやすい風通しの良い社風を作り上げる必要があります。社長自ら、そういったメッセージを会社全体に発信していけば、会社の人間関係は必ず良くな ...

パワハラ関連

メールでパワハラにする相談を受け付けている機関として、「法テラス」と「みんなの人権110番」をあげることができます。どちらも国が運営しているので安心して相談することができます。相談前には、「いつ」「だれに」「どんなんことをされたか」を ...

パワハラ関連

パワハラに関する相談を電話で受け付けている機関としては①総合労働相談コーナー②法テラス③みんなの人権110番があります。また、パワハラ被害によって受けたメンタルの不調に関する電話相談を受け付けているものに「こころの耳・電話相談」があり ...

パワハラ関連

パワハラで退職後に上司や会社を訴えるためには、まず、最低でも、精神疾患を発症して医者にかかったという事実が必要です。また、裁判となると、よい証拠があるかどうかが非常に大きな影響を持ちますので、証拠集めが重要です。また、よい弁護士も選ば ...

パワハラ関連

労働局は、パワハラに関する問題を直接取り扱う行政機関です。従って、パワハラに関する問題がなかなか解決しない場合には、最終的には労働局に相談することになります。労働局が主に行うことは、当事者の間を仲介し、話し合いによる解決を求める助言や ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

パワハラ被害を受けて退職した後に、退職した会社から訴えられる可能性があるのは、在職中に社会保険料の未払いがある場合に、会社からのその支払いの要求を無視した場合と、引き継ぎをしないで退職した場合です。いずれの場合も弁護士に相談します。

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

パワハラ被害を理由として退職した後、会社が賃金や退職金の未払いを起こした場合、又は、パワハラが原因と思われる精神疾患を発症した場合は、労働基準監督署に相談します。離職票を交付しない場合はハローワークへ、社会保険の退職手続きをしない場合 ...

パワハラ関連

会社でパワハラ被害を受けた場合、社内にパワハラ相談窓口があり、それが信頼できるものであれば、そこに相談してみるとよいでしょう。その窓口が信頼できない場合又は社内に窓口がない場合には、労働基準監督署等に設置されている総合労働相談コーナー ...