仕事を辞めたい

会社が話し合いによる説得で会社を辞めたいという労働者の方を引き留めることは問題ありません。しかし、会社による退職の引き留が暴力や脅迫などの不当な手段を用いたものである場合には、労働基準法違反となりますので、監督官庁である労働基準監督署 ...

仕事を辞めたい

会社をバックレる方法は、会社に迷惑をかけるので、決しておススメできる方法ではありません。会社から契約違反で損害賠償を要求されることもあります。どうしてもバックレたい場合には、退職代行サービスを利用するといいでしょう。

仕事を辞めたい

パートとして有期契約でお勤めの方が、仕事を辞めたいのに会社が辞めさせてくれない場合、契約期間途中での退職は原則不可能で、特別な事情がなければ期間満了を待って退職となります。退職いついて会社と話し合いがまとまれば、期間満了前に退職できま ...

仕事を辞めたい

パートで勤めている会社が退職を妨害してくる場合の相談先としては、①日本労働組合連合会の相談窓口②労働基準監督署③弁護士事務所の3か所が考えられます。普通は連合の無料相談窓口で十分対応できますが、労基法違反がある場合には、労基署や弁護士 ...

仕事を辞めたい

有期契約のパートさんが体調不良で会社を辞めたいが、会社が辞めさせてくれない時は、医師に診断書を書いてもらって雇用期間満了まで休職し、期間満了を待って退職するのが一番よい方法です。そうすれば、会社がいくら引き留めても退職することができま ...

仕事を辞めたい

アルバイト先が仕事を辞めさせてくれない場合、アルバイトが有期契約である場合には、勤務先の留意が一定の合理性を持ち、契約期間満了まで待つ必要があるでしょう。無期契約の場合には、会社の留意は無視してよく、原則として、退職届の提出から2週間 ...

仕事を辞めたい

こんにちは。

 

今回は、アルバイト先を辞めたいと思っているけど

「勤務先の強引な退職引き留めが予想されるのでバックレようか」

とお考えの方に向けて、

そのような行 ...

仕事を辞めたい

会社を訴える場合の相談先は弁護士になります。なお、会社を訴える場合には、会社によって大きな損害(死亡、重大な障害、大けがなど)を被った場合に限ります。会社の上司とケンカして傷ついた程度では訴えることができないので注意が必要です。

仕事を辞めたい

若者を大量に採用して、低賃金、過重労働で次々使い潰していくブラック企業は、違法行為である従業員に対するパワハラを平気で行う傾向があります。ブラック企業が行うパワハラは悪質なものが多いので、強力な行政指導を行うことができる労働局に相談す ...

仕事を辞めたい

パワハラに関する相談はメールでも行うことができます。メールだと、電話や担当者との対面による相談よりも気軽ですし、24時間対応だというメリットがあります。その反面、深刻なパワハラの相談には向かないので、事前相談やパワハラが軽微な場合の相 ...