目指せ!円満退社!退職したい時の理由はこう答えるべし!【必見】

2020年2月15日

こんにちは。

 

今回は、退職したい時に会社に伝える退職理由について書いていきます。

 

その退職理由は「一身上の都合」で十分ですが、

どうしてもちゃんとした理由を伝える場合には、たとえ本当の理由でなくても、

会社の体面を傷つけない個人的な理由を選んで伝えます。

 

会社に引き留められやすい退職理由

 

給料が安い、休暇が少ない、などという待遇面に関する不満を退職理由にすると、

会社は退職を引き留めやすくなります。

 

給料を上げるように努力するとか、休暇を増やすような努力をするから、配置転換をするから、

何とか会社に残ってくれと頼み込まれて退職をあきらめる可能性が高くなります。

 

退職を申し出た労働者の方に対して会社が合法的にできる退職の引き留めは、話し合いによる説得です。

 

給料や休暇が少ないという退職理由は、この話し合いで退職の引き留ができる典型的なパターンです。

 

本気で退職するつもりであれば、会社に申告する退職理由は、もっと別の理由にすべきです。

 

ケースによっては、退職引き留めの際の待遇を改善するという約束を信じて会社に残ったが、

その約束が守られず結局は騙されただけだった、ということもありますので注意が必要です。

 

会社の体面をキズつける理由は避ける

 

人間関係や仕事が自分に合わないとか、会社の将来に不安を感じる、というのもよくある退職の理由です。

 

人間関係が自分に合わないということは、会社の中に嫌いな人間がいるということですし、

仕事が合わないということは、その会社の仕事にケチをつけていることになります。

 

会社の将来に不安だという退職理由も、それを聞いた会社に残る人間は、よい気持ちがしません。

 

本当の理由であっても、会社の体面を傷つけるような退職理由は会社に伝えるべきではありません。

 

退職の際には、例え嘘でも、会社の体面を傷つけないような退職理由を考えておきます。

 

退職理由は一身上の都合で十分

 

退職の際に退職理由を会社に伝えるべき法律上の義務はありません。

 

退職届には「一身上の都合により退職します」と記入すれば十分です。

 

余計な退職理由を書くと、後から裁判沙汰になった時に不利益を被る恐れがありますので、

余計なことは書かないのが基本です。

 

会社の上司などから退職理由を聞かれた場合には、

以下のような当たり障りのない理由を言えばいいでしょう。

 

・資格取得の勉強に専念するため

・家族の介護で働けなくなった

・体力的についていけなくなった

・通勤に時間がかかりすぎる

・将来やりたいことができた

 

個人的な理由であれば、会社の体面を傷つけることがありません。会社に伝える退職の理由は個人的なことを選べばよいでしょう。