仕事を辞めたい

入社2年目で会社を辞めたいという場合の理由で多いのは、休暇や賃金などの労働条件に関するものです。労働条件に関する不満は、仕事そのものや人間関係に関する不満よりも耐えやすいので、会社を辞めないで様子を見るという選択肢もあります。 ...

仕事を辞めたい

退職したいが会社が妨害するので退職できない場合に、弁護士事務所に相談が必要になるのは裁判沙汰になりそうな場合です。会社の制止を振り切って退職した後に、会社から訴えられた又は訴えられそうなときも弁護士に相談します。それ以外の場合には、無 ...

仕事を辞めたい

退職したい時の退職理由は、人間関係が合わないとか、仕事が面白くないなどという本音の理由をストレートに会社に伝えないで、会社の体面を傷つけない個人的な理由などを選びます。退職届に記載する退職理由は「一身上の都合」で十分です。

仕事を辞めたい

会社の制止を振り切って退職した場合、その退職によって会社に損害が発生して場合でも、ほとんどのケースでは、会社が退職した労働者を裁判に訴えることはありません。従って「退職したら裁判に訴える」という脅しはほとんどがハッタリなので、あまり気 ...

仕事を辞めたい

退職したいが退職できない場合に知っておくとよい法律は、労働基準法と民法です。退職時の法律問題に関する相談先としては、労働基準監督署や弁護士事務所などが上げられます。初歩的な知識であれば、WHB上の労働問題の解説サイトを閲覧しても身に付 ...

仕事を辞めたい

退職できないケースについて、会社が説得によって退職を引き留めている普通の場合には、話し合いによって円満退社を目指します。一方、会社が脅迫や暴力などの違法な手段によって退職を妨害している場合には、退職代行サービスなどを使って即時に退職し ...

仕事を辞めたい

退職したのに退職できないケースで、労基署に相談することが必要なケースは、①脅迫まがいの退職引き留めが行われている時②退職を理由に賃金カットが行われた時③有給休暇の請求を拒否された時、などです。労基署は労基法違反が行われた時に会社から労 ...

仕事を辞めたい

退職したいのに退職できない場合の相談窓口として、労働基準監督署が適切なのは、①脅迫・暴行などの違法な手段を用いて退職引き留めが行われている場合②退職届の提出から退職日までの賃金が支払われない場合③有給休暇の消化が認められない場合、以上 ...

仕事を辞めたい

職場を辞めたいけれども様々な理由で辞められない場合には、退職代行サービスを利用する方法があります。この方法を使えば、料金はかかりますが、会社の人間と顔を合わせることなく、即日に退職できます。会社を辞めるという意思を固く持てば、必ず会社 ...

仕事を辞めたい

職場を辞めたい場合の相談先としては①労働基準監督署内の総合労働相談コーナー②民間の職業相談窓口③退職代行サービスの相談窓口、の3つが考えられます。パワハラ・セクハラが原因の場合は①、人間関係や待遇面が原因の場合は②、退職手続きに関する ...