退職代行

仕事を辞めたいが会社が辞めさせてくれない場合の相談窓口には、行政機関が運営するものから民間団体が運営するもの、有料のもの無料のもの、労働組合が運営するもの人権団体が運営するものと様々です。その中では労働基準監督署内などに設置されている ...

退職代行

パートさんが会社を辞めたいといっても会社が辞めさせてくれない場合、パートさんには退職の自由がありますから、会社が引き留めても退職の意思が固いことを伝えれば、最終的には辞めることができます。会社との交渉が面倒な時は退職代行サービスを利用 ...

退職代行

バックレは、仕事を辞めたいのに会社が仕事を辞めさせてくれない

退職代行

会社を辞めたいが会社が辞めさせてくれない場合の対処方法としては、話し合いによる円満退社がベストですが、それが難しい場合には、退職代行サービス

退職代行

退職手続きを代行業者と弁護士事務所に依頼した場合の違いは、代行業者に依頼した場合には、代行できるのは退職手続きだけで退職に関する法律的な交渉の代行はできませんが、弁護士事務所に依頼した場合には、手続きだけでなく法律的な交渉の代行もでき ...

退職代行

退職代行サービスは、依頼主に代わって、会社に対する退職届の提出など退職に関する手続きを行ってくれます。その他、退職に関するカウンセリングを行ってくれる場合もあります。弁護士資格を有している会社であれば、退職に関する法律的な交渉の代行も ...

退職代行

退職代行サービスで気を付けなくてはいけないのが、非弁活動です。退職代行業者が依頼者の代わりに会社と退職に関して法律的な交渉を行うことができるのは、弁護士に限定されます。弁護士以外の者がこれを行うと法律で罰せられることがあります。

退職代行

退職代行業者の上手な見極め方は、①会社と揉めている場合は弁護士事務所又は弁護士提携法人に依頼する②料金相場が安すぎる業者には要注意③弁護士以外の士業が関与しているところは多少は安心感が高い、です。

退職代行

退職に関して、会社と法律的な交渉を行う必要がない退職代行であれば、誰がそのサービスを行っても弁護士法に違反することはありません。しかし、会社と法律的な交渉を行う必要がある退職サービスを弁護士以外の者が行うと、弁護士法に違反します。