「派遣社員だけど工場を辞めたい・・・」そんな時に読む話

2020年2月17日

こんにちは!

今回は、派遣職員として工場で働いている方が工場を辞めたい場合について書いていきます。

 

派遣職員の場合、基本的には、常時同じ仕事を担当します。

そのため、転属や昇格がなく単調な仕事がさらに単調に感じ、モチベーションが下がります。

 

派遣社員はもともと短期雇用が前提なので、

正社員と比較した場合にお仕事を辞めた場合のデメリットが少ないという特徴があります。

メリットもそこになります。

 

「より充実した職業への転職のため」などという積極的な目的があれば、

現在のお仕事にあまりこだわらず、あっさり仕事を辞めてもよいかもしれません。

 

派遣での工場の仕事のモチベーションは低い

 

派遣職員として工場でお勤めされる場合、派遣職員は昇格がないです。

派遣をまとめるリーダーになるかもしれませんが、基本的な業務はかわりません。

基本的には長期間にわたり同じ仕事に従事させられます。

 

正職員であれば将来工場長になれたり、事務部門や研究部門に転属され可能性がありますが、

派遣社員はそういったことがないのでモチベーションが下がります。

 

生産ラインにおける部品の組み立てなどの工場のお仕事は、

ただでさえモチベーションが低くなりがちなのですが、派遣の場合はそれがさらにひどくなります。

 

派遣社員として工場で働く場合には正社員として働くよりも、

工場を辞めたいと考える機会が多くなります。

 

派遣で働く工場の仕事は短期雇用が前提

 

ほとんどの派遣のお仕事は短期的な雇用を前提としたものです。

派遣の場合、3ヵ月や6カ月、長くても1年ごとに契約更新の機会が設けられています。

工場の生産量が落ちた場合には、突然派遣が打ち切られることもあります。

 

重複しますが仕事を辞めたいと思った場合、

「それがより安定した職業への転職のため」

などという積極的な理由があれば、あまり悩まずに退職してもよいかもしれません。

安易な退職が良くないのは、そのまま生活リズムが崩れてしまって、

長期の失業状態が継続してしまうことです。

 

ステップアップへのモチベーションを失わない限り、

派遣社員として工場で働いている方が、工場を辞めることが100%悪いことであると言うことはできません。

 

退職代行を利用すればサクッと辞めれる

 

派遣職員として工場で働く方が工場を辞める場合、

派遣元と派遣先のそれぞれの会社での調整が必要になるので、

普通の会社を辞めるよりも手続きが複雑になります。

 

工場を辞めるか辞めないかということを悩むということは、大きなエネルギーを必要とします。

その上に退職手続きのことで悩むと、さらに負担は大きくなります。

 

せっかく工場を辞める決意を固めたけれども、

退職手続きのことが不安で、数カ月もズルズル退職できない日々が続くことがあります。

そんな時に、退職代行サービスを利用すればサクッと退職できます。

 

多くの工場の場合は職場での人間関係がサラッとしてますので、

退職の挨拶などにこだわる必要は少なく、退職代行サービスを利用するデメリットが少ないかもしれません。

退職代行

Posted by ek