【解決策】会社をすぐに辞める方法!バックレは避けましょう!

2020年2月15日

こんにちは!

ヤメカタです!

 

今回は、会社をすぐに辞める方法について書いていきます。

会社をすぐに辞める方法は、ズバリ退職代行サービスを利用する方法です。

 

ブラック企業を退職する場合、

退職の手続きを自分でやると会社とトラブルを起こす可能性が出てきます。

その点、退職代行サービスであればプロが担当しますから安心です。

 

退職代行を利用する

 

何ならの事情ですぐに会社を辞めなくてはならないケースがあります。

その場合には退職代行サービスの利用が便利です。

 

急いで会社を辞める場合には、

自分でその手続きを行うと会社とのトラブルが発生するケースがあります

 

それを防止するためにも、

退職に関して専門知識を有する代行業者に手続きを依頼するのがおすすめです。

 

念の為書いておくと、退職手続きは自分で行い、

円満退社を目指すのが本来あるべき姿であることは間違いありません。

しかし、事情によってはその正論が通用しない場合もあります。

 

バックレはしないのが原則

 

無断欠勤を2週間続けると、懲戒解雇するという規則を定めている会社が多くあります。

そのため、懲戒解雇になる方法もすぐに退職する方法の一つにあげられます。

 

ただし、この方法は再就職に非常に良くない影響を与えます。

緊急の場合を除いて使用しないのが原則です。

バックレるくらいならば、退職代行サービスを利用したほうが良いでしょう。

 

バックレる最大のメリットは、

会社に一度も顔を出すことなく会社を辞めることができる点です。

この点、退職代行も、会社に一度も顔を出すことなく会社を辞めることができます。

 

退職代行の場合、3万円~6万円程度の料金が発生します。

しかし再就職に与える悪い影響を防止できれば、その費用は安いものです。

 

退職届を提出してから2週間で辞められる

 

民法では、正社員の場合、退職の申し入れから2週間で退職となることが規定されています。

 

ほとんどの会社の就業規則も、

退職届の提出から2週間で退職となるという規定を置いています。

 

 

 

2週間を「すぐ」と言えるのかどうかは個人の判断ですが、

有給をうまく使えば、退職届の提出後に一度も会社に顔を出すことなく会社を辞めることができます。

 

パートや契約社員などの有期契約社員の場合には、

期間の満了までは病気や怪我等のやむを得ない事由のない限り、勝手にやめることができません。

期間満了を待って退職となります。

 

この点では有期契約社員よりも正社員の方が「すぐ」に辞めることができると言えます。

 

退職代行

Posted by ek