【推奨】「上司が怖い」なら退職する前に異動を申し出てみよう!

2020年2月15日

こんにちは!

ヤメカタです!

 

職場の上司がパワハラを行うなど怖い場合には、

「上司に直訴する」

「会社の相談窓口に相談してみる」

「人事に異動を申し出る」

などして、問題の解決を図ります。

それでも解決しない場合には会社を辞めてしまうのも1つです。

 

大きな会社であれば異動が問題を解決する

 

頻繁に異動がある会社であれば、その上司が異動するまで我慢するのも一つです。

耐え切れないのであれば、自分が異動するのも一つです。

 

管理職になれば、異動の間隔も一般の職員より短くなります。

たいていは3年もすれば別の上司に変わります。

自分がその職場から異動になっても問題は解決します。

 

小さな会社であれば、社長や役員が変わることはほとんどないです。

怖い上司がいる場合には自分が退職しない限り、その上司から逃れることはできません。

 

そう意味では、怖い上司への対策を真剣に考える必要があるのは、

大企業よりも小さな会社ということになります。

 

話し合いで問題の解決を試みる

 

稀に上司に言動を改めるように直訴して問題が解決することがあります。

この方法で問題が解決すれば最も簡単です。

 

しかし、怖いと思われている上司が態度を改めることはほとんどないでしょう。

パワハラが原因で上司が怖い場合には、

その上司の上司や会社の内部通報窓口に相談してみるという方法もあります。

会社の内部で問題が解決すれば、会社を辞めるよりもはるかに負担が少ないです。

 

会社を辞めて問題を解決する

 

何をしても解決しない場合は、会社を退職するという方法を検討します。

 

良い上司に恵まれた場合、その人の能力は急速に伸びます。

反対にパワハラを行うような怖い(悪い)上司についた場合、

その人の生活は急に悪化します。

 

会社を辞めるという行為は本人に非常に大きな負担を強います。

できれば避けたい行為であることに間違いはありません。

 

しかし、怖い上司にしつこいパワハラを受けた場合、

心身ともに非常に大きなダメージを受けることがあります。

そういった場合には会社を辞めるしかありません。

 

会社の上司が怖くて会社を辞める場合、会社の上司と退職のやり取りを行うことは難しいので、

退職代行サービスを利用するといいでしょう。

退職代行

Posted by ek