【将来が不安】工場勤務を辞めたいと思っている方へ【どうする】

2020年2月17日

こんにちは!

ヤメカタです!

 

今回は、工場を辞めたいと考えている方向けに書いていきます。

 

残念ですが工場の多くの仕事は単純労働が多く、

将来的にもAIに代替される可能性が高い為、決して将来性が高いお仕事とは言えません。

 

成果が認められ工場長になったり、研究部門や管理部門に転勤になることもあります。

しかし、そうでない場合は資格や技能を身に付けて、

将来性のある別のお仕事に転職する必要があります。

 

 

工場でのお仕事は大変

 

工場でのお仕事は単純作業が多く

AIの急速な進歩で将来性も明るいとは言えません。

勤務時間も不規則で、工場によっては危険な仕事や油まみれになる仕事もあります。

 

頑張って身に付けたスキルが他の会社で評価されない場合が多く、

その工場で費やした時間が無駄になる場合もあります。

 

ただし、その工場で頑張っていけば工場長に昇格したり、

事務職に転勤になる可能性があれば話は別です。

現状そういった期待が持てないのであれば、転職のために工場を辞めてしまうのも一つの方法です。

 

工場のお仕事から転職するのは若いうちに

 

毎日、単純作業を繰り返していると、このままでいいのだろうかという思いに襲われます。

 

余暇を利用して資格の勉強やITや英語を学ぶなどして、

転職に役に立つ技術や知識を身に付けておけば、いざという時役立ちます。

 

今の状況に少し不安がある方は、そういった努力をしておけば、

将来的にもっと満足感が得られるお仕事に転職できる可能性もあります。

 

仕事帰りや休日に勉強ができるのは、体力的に恵まれている若い時に限ります。

年齢がかさんでくると、体力的につらくて、仕事が終わった後の勉強などできなくなります。

 

正社員での就職が可能なのはだいたい35歳までと言われているので、

転職する場合はそれまでの間にするようにします。

 

退職手続きが面倒なら退職代行を利用する

 

「スキルアップをして転職」といった際にいざ退職となると、戸惑うことがあります。

 

退職する方法が分からないという方もいらっしゃいます。

退職を申し込むと「上司や同僚が怒ったりしないか」と不安になる方もいらっしゃいます。

 

そういったケースでは、退職代行サービスを利用するという方法も選択肢の一つです。

退職代行サービスを利用すればサクッと辞められます。

 

退職手続きは本来は自分で行うべきものです。

ただしそれが不安でズルズルと何カ月も退職できないのであれば、

代行サービスを利用してサクッと辞めた方がいいかもしれません。

 

それを先延ばしにすると、身に付けた資格やスキルを活用することが出来ません。

退職手続きで失敗して後味の悪い思いをするより、それはプロに任せた方が良いという考えもあります。

退職代行

Posted by ek