仕事を辞めたい, 退職代行

退職したくてもできないときは、まず、再就職先を確保するか、又は、再就職へのしっかりとした計画を立て、将来への不安を解消します。会社がしつこく退職妨害を行うので辞められない時は、自分で会社と退職交渉を行ってもいいですが、退職代行を使う方 ...

仕事を辞めたい, 退職代行

職場が辛くて会社を辞めたい時は、まず、その辛さが一時的で将来的に解消できるものかどうかを検討します。将来的に解消できるものであれば、少し我慢して会社に残った方が良いでしょう。それが恒常的なものであれば、会社を辞めて転職することを検討し ...

仕事を辞めたい

会社に退職を言いづらいケースであっても、労働者には退職の自由が保障されていますので、固い退職の意思を持つ限り、必ず最終的には退職できますので、勇気をもって言い出しましょう。普通の会社であれば、最終的には退職を認めなくてはならないことを ...

仕事を辞めたい, 退職代行

正社員が仕事が辛くて辞められない場合は、辞めた後に同じ程度の待遇の会社に再就職することが容易ではないので、辞めたくても辞められない状態に陥りやすくなります。そこに、会社が付け込んで退職妨害を行えば、さらに問題は深刻化します。

仕事を辞めたい, 退職代行

退職したくても会社が退職させてくれない場合、まず、周囲に相談します。会社の退職妨害工作は、ほとんどが法律上は全く無視して構わないものです。相談することによってその事実が明らかになります。会社との退職交渉が面倒であれば退職代行を使う方法 ...

仕事を辞めたい

無断退職によって会社に発生した損害の賠償を退職者に求める訴えが提起され、会社側が勝訴し、退職者に損賠賠償責任が発生したという事例はほとんどありません。ただし、そういったリスクは皆無とは言えないので、無断退職は極力避けるべきです。

仕事を辞めたい

結婚を理由にした退職は、他の理由を原因とした退職と比較して、周囲の理解を得やすく、退職が容易なものに該当します。しかし、人手不足の会社などでは、退職を言い出せる雰囲気ではなく、結婚が理由でも退職をなかなか言い出せないことがあります。

仕事を辞めたい

雰囲気の悪い職場は、将来的に発展する可能性がほとんどありません。残業が多く、低賃金、仕事にやりがいがない等、待遇面でも劣悪なことが多いです。そういった場合は、在職中に再就職に有利な資格を取ったり技能を身に付けるなどして、はやく転職する ...

仕事を辞めたい, 退職届

退職する時に電話を使う方法は、本来は適切ではありませんが、病気などで会社に出社することが困難な場合や、口頭で退職を伝えると会社の人間に報復されそうなときに、例外的に許容される方法です。電話で退職を伝えた場合でも、退職届は郵送などで後日 ...

仕事を辞めたい

少人数の会社は、大人数の会社と比較して、人間関係が濃くなりがちですので、人間関係がうまくいかないと、ストレスが溜まりやすく、それが限界に来ると、会社を辞めたくなります。ただ、少人数の会社は、人数が少ないだけに人間関係を改善するのも容易 ...