仕事を辞めたい

就業規則に「退職の申し入れは2か月前まで」という条項がある場合、当該条項は無効な可能性が高く、基本的には無視して構いません。正社員の場合、2週間前に申し入れれば退職できることになっていますが、引き継ぎのことを考えると1か月程度前に申し ...

仕事を辞めたい

退職を申し出た社員に対して、会社が、引き継ぎができないので退職を延期してくれと言うことがよくあります。人の良い正直な人だと、会社の頼みを聞いてしまい、ズルズルと退職時期をしてしまいます。しかし、会社のこの手の頼みを聞き入れる法的な義務 ...

仕事を辞めたい

親に会社を辞めたいというと、反対されるのが目に見えているので、親には退職を簡単に伝えられません。しかし、親は身内ですので、しっかりとした退職理由と綿密な再就職に対する計画があり、丁寧に説明すれば最終的には退職を認めてくれると思います。 ...

仕事を辞めたい, 退職代行

無断退職をすると、会社が健康保険の資格喪失(脱退)手続きを行わないので、保険の切替えに必要な証明書が発行されず、退職後、速やかに医療保険に加入できないという問題が発生する可能性があります。このリスクを防ぐためには、退職代行サービスを使 ...

仕事を辞めたい

正社員が試用期間中に辞める場合でも、一般的な退職ルールに従って退職する必要があります。試用期間中の退職だからと言って、電話で「退職します」と伝え、その後は出社しないというような辞め方はNGです。試用期間中の退職の場合、細かいところは上 ...

仕事を辞めたい

会社に退職を申し入れた場合、その後に後任者が決まり、仕事をしっかり引き継いで退職するというのが理想的です。後任者が決まらないと、引き継ぎができないので、退職がしづらくなります。しかし、後任者を選任できないのは会社の責任なので、あまり気 ...

仕事を辞めたい, 退職代行

退職がいいづらい主要な理由の一つに、退職後が不安であるということがあります。退職を言い出す前に再就職先を決めておけば、退職を言いやすくなります。再就職先の入社日が迫っている時に、退職を言い出せなくて困る時は、退職代行を使う方法がありま ...

仕事を辞めたい

飲食店では人手不足のことが多いため、辞める場合は、退職予定日の最低でも1か月前、店長など責任のある仕事をしている正社員が辞める場合は、3か月程度前に、退職を申し入れます。退職話がまとまったら、退職届を作成して、会社に提出します。

仕事を辞めたい, 退職代行

退職できない時に相談する所としては労働基準監督署と退職代行サービスの2つが考えられます。会社が暴行・脅迫などの違法な手段を使って退職妨害を行う場合には、労基署に相談します。それ以外の場合は、退職代行サービスに相談するのが良いでしょう。 ...

仕事を辞めたい, 退職代行

無断退職した場合に、会社から無断退職で発生した損害を賠償する裁判を起こされるという可能性はほとんどありません。ただし、裁判を起こすと脅されたり、損害賠償請求書を送りつけられる可能性は否定できません。従って、無断退職はせず退職代行を使っ ...