仕事を辞めたい!でも親には言い出せない!そんな時の解決法

こんにちは!

 

親の世代は、まだ、一度就職したら、定年まで同じ会社に勤めるのが当たり前という意識が強いですので、仕事を辞めたいというと、反対するに決まっています。

 

従って、仕事を辞めたくても、そのことは、親にはなかなか言えないものです

 

今回は、仕事を辞めないがそのことを親に言えない場合の対策について書いていきます。

 

退職に関する親の承諾は取った方が良い

 

仕事を辞めたいと親には言いにくいものですが、親に無断で仕事を辞めた場合、それがバレた時に大きなトラブルとなる可能性がありますので、やはり、辞める前にお話をしておいた方が良いでしょう。

 

仕事を辞めると伝える前に、現在の会社をどういう理由で辞めたのか、また、辞めた後の再就職の計画などを、しっかりまとめておきます。

 

親の方でも、現代が、転職に寛容な社会に変わりつつあることはある程度は感づいていますから、しっかりした退職の理由と再就職の計画があれば、最終的には同意してくれるでしょう。

 

親には、会社を辞めた後に、一時的に実家に住まわせてもらったり、資金の援助をお願いしたりすることがありますので、事前に退職の了解を得ておいた方が後が楽になります。

 

親が一番良い相談相手

 

家出同然に親元を離れて現在の会社に就職した場合は別として、普通に就職したのであれば、親と普通にお話ができるはずです。

 

従って、会社を辞めたいと言い出しにくくても、肉親ですので、腹を割って話せば、分かってもらえると思います。

 

親は、ある意味では、一番良い相談相手です。

 

親が納得できるような会社を辞める理由と、再就職の計画を提示できれば、会社を辞めても失敗することはないと思います。

 

親は他人とは異なり、特別に気を使う必要はないので、思い切って、会社を辞めたいと伝えてみるとよいと思います。