【朗報】退職までの有給消化は義務ではないが使った方が良い

2020年2月17日

こんにちは!

 

退職届を会社に提出した時点で有給休暇が残っている場合、

それを使ったほうが良いのかどうか迷うところです。

 

そこで今回は、退職届を会社に提出いた時点で有給が残っている場合、

その有給を退職までに使うことが義務かどうかについて書いていきます。

 

退職時の有給消化は義務か?

 

退職届を会社に提出した時点で残っている有給休暇があれば、

それを必ず退職までに使い切らなければならないかというと、そういうことはありません。

 

退職時の有給消化は権利であって義務ではないので、

有給が残っていてもそれを使わないで、

普通に勤務して退職するというのも全く問題はありません。

 

ただし、引き継ぎをしっかり行えば、

退職時に有給を消化することで会社に大きな迷惑がかかるということはありません。

 

有給休暇を残して退職してしまうことはもったいないので、

できれば正当な権利行使として、退職までに有給を使い切ってしまいたいものです。

 

会社が有給消化分の有給を与えるのは義務

 

一方で、会社は退職者の方が退職時の有給消化を請求してきた場合、

その請求のとおりに有給休暇を与えなくてはなりません。

これは会社の義務になります。

 

退職とはかかわらない通常の場合でも、有給休暇の請求があった場合、

会社はその請求を拒むことはできません。

ただし、会社には時季変更権があり、

業務の都合で労働者の方が請求した時期に有給休暇を与えることができないときは、

別の時期にそれを与えるという変更ができます。

 

退職時の有給消化の場合、退職後に有給を与えることは不可能ですので、

会社は時季変更権を行使できず、退職者が請求した時期に有給を与える他に方法がありません。

 

結論としては、退職時の有給消化の場合には、

会社は退職者の請求通りに有給を与えなくてはなりません。