王道だが効果的!会社を辞める理由は「一身上の都合」でOK

2020年2月25日

こんにちは!

 

会社を辞める際に、会社に伝える退職理由はどのようなものが良いのだろうかと、よく悩みます。

 

そこで今回は、会社を辞める際の理由について書いていきます。

 

会社を辞める際の理由は一身上の都合

 

会社を辞めるのに、理由は不要です。

 

労働者には、法律で退職の自由が保障されています。

理由などは不要で、辞めたければ自由に辞める権利があります。

 

なお例外的に、期間雇用契約で働く方が契約期間の途中で辞める場合には、

病気や怪我で働けないなどといったやむを得ない理由が必要になります。

 

退職届に記載する退職理由も「一身上の都合」とするのが慣例となっており、

余計なことは書かないことになっています。

また、会社もそれを認めています。

 

そもそも、辞める会社に退職理由を伝えても仕方がないし、

会社を辞める場合は、給料が安い、仕事がきつい、人間関係が良くない、会社の将来が不安だ、

などということが理由となっていることがほとんどなので、会社の方も聞いてもしょうがないという感じです。

 

上司に伝える会社を辞める理由

 

会社の上司から、退職理由を聞かれることがあります。

 

会社の上司と揉めている場合はその申し出を拒否してもよいのですが、

お世話になった上司であれば、答えてもよいでしょう。

 

ただし、会社の上司に待遇が悪いからといった退職理由を伝えたところ、

今後は、待遇を改善するから会社に残ってくれと、退職を引き留められるケースもあります。

 

こういうことになっては困りますので、あくまで、

本人が退職後に会社の業務改善に役立てるために退職理由を伝えるというスタンスで、

それに沿った理由(現実とは異なっても)を伝えるといいでしょう。

 

この場合であっても、あまり会社の体面を傷つけることは言わない方が良いでしょう。

 

例えば、当たり障のない、次のような理由を伝えるのが良いでしょう。

・個人で開業する決意を固めました

・資格取得のために勉強に専念します

・学生の頃からの夢であった海外留学を実現します

・親の介護に専念しなければならなくなりました

・家業を継ぐことを決意しました