【お勧めはしない】辞めさせてくれない職場を無断欠勤で辞める方法

こんにちは!

 

会社を辞めたいのに会社が執拗に妨害するので、辞めるに辞められない状況が長く続くと、一層のこと蒸発してしまいたいと思うことがあります。

 

そこで、会社がどうしても辞めさせてくれない場合に、無断欠勤を2週間続けて懲戒解雇になって会社を辞める方法について書いていきます。

 

無断欠勤を2週間続けて懲戒解雇になる方法

 

会社に辞めたいと伝えたけれども、会社が辞めさせてくれない場合、無断欠勤を2週間続けて懲戒解雇になるという方法は、ある意味では究極の解決方法です。

 

懲戒解雇になると、再就職に響きますし、再就職までの生活費の保障である雇用保険から基本手当(失業保険)を受ける際にも、ペナルティがあります。

 

無断欠勤で会社に損害が生じた場合には、退職後に会社からその損害の賠償を請求されることもありますし、会社が社会保険の手続きをしてくれず、保険証が交付されないので、病院に行けないということにもなりかねません。

 

職場の同僚も、「あいつは常識のないやつだ」と思いますし、本人も、長い間イヤな感情が残ります。

 

職場でひどいパワハラを受けているとか、過労死ライン(月80時間)超える残業が続いていて命に危険を感じるなどの特殊な事情がある場合は仕方ないですが、そうでないケースでは、無断欠勤で会社を辞めるのは厳禁です。

 

無断欠勤よりも退職代行を利用しよう

 

会社がどうしても辞めさせてくれないので、無断欠勤で会社を辞めようと思う場合、本人には、何かつらい事情があると思います。

 

誰でも、円満に退職できれば、そうしたいと思うのが普通でしょう。

 

しかし、様々な事情で、無断欠勤を2週間続ける方法で会社を辞めたいと思うケースも想定されます。

 

そんな時は、退職代行を使います。

 

弁護士と提携している退職代行であれば、本人に代わって、退職に関する様々な手続きや退職に関する会社との交渉を行ってくれますから、会社に一度も顔を出さず、しかも、会社とトラブルなく退職することができます。

 

退職代行を利用した場合、数万円の料金がかかりますが、無断欠勤で懲戒解雇になって再就職に支障が出ることを防げれば、その料金は決して高くはありません。