【辞めたい】バイトを辞めるのにLINEを使って連絡するのはあり?

2020年2月25日

こんにちは!

 

バイトを辞めるということを会社に伝えることは、重要な連絡や報告に該当しますので、

本来であれば、LINEを使うことはNGです。

しかしバイト先がブラック企業で、普通に退職手続きをした場合に身に危険を感じる場合には、

例外的に、LINEを使ってバイトを辞めてもよい場合もあります。

 

そこで今回は、LINEを使ってバイトを辞めるケースについて書いていきます。

 

LINEを使ってバイトを辞めるのはNG

 

アルバイトであっても、LINEを使って辞めるのはNGです。

 

バイトを辞めたいということは重要な連絡や報告に該当しますが、

そういったものでLINEを使うのはマナー違反で、使う人の常識が疑われてしまいます。

 

LINEは相手が見たいタイミングで見るものですので、最悪、見逃されてしまう可能性があります。

 

「○月○日のシフトは休みます」といった連絡であれば、LINEでもやむを得ないこともありますが、

辞めたいという意思表示であれば、やはり、直接会って上司に話にするというのが無難です。

 

法律的には、会社が退職の申し入れは文書で行わなくてはならないという就業規則上の条項を設けていない限り、

電話やメール、LINEでも退職の申し入れは成立します。

 

しかし法律の規定を杓子定規に適用するのは、会社とトラブルになっている場合の身とするのが一般的なので、

普通の退職の場合は、LINEでの退職はしない方がいいでしょう。

 

LINEでバイトを辞めることが適切な場合

 

バイト先がブラック企業で、以下のような場合は、例外的にLINEを使って退職の申し入れをしてもいいでしょう。

1. 面と向かって退職の意思表示をすると、暴力が予想されるケース

2. アルバイトを辞めることを思い止まらせるような強要、脅迫が予想されるケース

3. 書面により提出した退職届を拒否されることが予想されるケース

4. 即座に退職の意思表示をする必要があり、書面では間に合わないケース

 

ブラック企業相手の場合、一般常識でバイトを辞める手続きを進めるとこちらが傷つきますので、

自分の身を守るために、LINEでバイトを辞めることを申し入れても、正当防衛的に許されます。

 

ただし後からトラブルになった時に、LINEでは証拠が残りにくいので、

送信したバイトを辞めることを伝えるLINEの画像を保存しておくなど証拠保存を徹底する必要があります。