「工場の夜勤がきつい!」そんな方向けにデメリットも書いてみる

2020年3月28日

こんにちは!

 

夜勤が多い工場勤務は、生活のリズムが崩れる、夜勤の時に眠いなどという理由で、きつくて辛いものになるケースが多いです。

 

そこで、今回は、夜勤がある工場の勤務がきつい場合について、書いていきます。

 

夜勤を続けると10年も寿命が縮む

 

工場の夜勤は、深夜割増賃金が支給されるうえ、日中よりも工場の稼働率が低くなるので、仕事が楽だと、いう意見もあります。

 

しかし、適応能力は人それぞれに異なるので、適応力の弱い方であれば、夜勤の生活リズムに慣れなくてつらいと感じたり、休みが不規則でストレスを感じたりすることがあります。

 

長年夜勤を続けると、がんや糖尿病の発症リスクを上げ、寿命が10年程度短くなるという話もあります。

 

寿命が10年も短くなるのであれば、多少高い賃金を受け取っても、割に合いません。

 

また、若いうちはよいのですが、年齢が高くなっても夜勤があるというのは、嫌なものです。

 

従って、抜け出せるのであれば、早めに夜勤のない別の職場に移った方が良いかもしれません。10年も寿命が短縮するというのであれば、これはもう普通ではないですね。

 

勉強して夜勤がある工場勤務から抜け出す

 

期間工のように、夜勤があっても一定期間で勤務が終了するというのであれば、夜勤が長期間続くこともなく、夜勤で十分稼げるのでよいかもしれません。

 

しかし、夜勤のある工場の勤務を何十年も続けることは、避けた方が良いでしょう。

 

工場勤務がつらくて辞めたい場合、工場勤務を続けている内に、プログラミングの勉強をするとか、資格を取得するとかして、再就職に備えた方が良いです。

 

若いうちであれば、体力があり、物覚えが良く、求人が豊富なので転職がしやすいので、トライするには早ければ早い方が良いでしょう。

 

年齢が高くなってくると、夜勤がある工場勤務から抜け出すことは容易ではありません。

 

再就職の準備をしないままだと、夜勤が嫌で工場を辞めても、結局、また夜勤がある工場に就職せざるを得なかった、ということになりかねません。

 

夜勤がある工場勤務は割増賃金が出るため収入が多いと思います。そういったものを将来のために使いたいものです。