どうすれば良い?職場が寒いので会社を辞めたい時の対処方法

こんにちは!

 

職場が寒いと、仕事に集中できないので、業務効率が上がりません。その程度がひどいと、それが理由で、会社を辞めたくなります。

 

そこで、今回は、職場が寒いので仕事を辞めたいケースについて書いていきます。

 

職場が寒いで会社は辞めない方が良い

 

仕事を辞めることは大きなリスクを伴いますので、一般論として、職場が寒いという、比較的簡単に改善できる理由では、辞めない方が良いでしょう。

 

靴下を二重にはく、下ズボンを使う、上着の枚数を増やすなどの、防寒対策を行なったり、職場の上司に、より高性能の暖房を設置するように要求して、その結果、職場が寒いという問題が解決すれば、辞める必要はありません。

 

事業主には、快適な職場環境を実現する義務があるので、従業員から、職場が寒いという指摘があり、その指摘が正当な場合には、防寒対策を実施しなければなりません。

 

寒さ以外にも、人間関係が悪い、会社に将来に未来を感じない、仕事が自分に合わないなどの事由がある場合は別ですが、寒さ以外に、会社や仕事に対して大きな不満がないのであれば、辞める必要はありません。

 

職場が寒いという理由で仕事を辞めるケース

 

豪雪地や寒冷地で、冬期に屋外の仕事をする会社に勤めている場合には、オフィイスに勤務していて職場が寒いというのとは、次元が違います。

 

このケースでは、寒くてどうしても仕事に耐えられないという方も出てくるので、職場が寒いという理由で仕事を辞める場合も出てきます。

 

ただし、再就職に対する対策を打っていないと、再就職先も似たような職場になってしまう可能性が出てきます。

 

この場合には、ある程度以前から、資格を取得するとか、コンピューター関係の技能を身に付けるなど、転職に向けての準備をしておいた方がよいでしょう。

 

年配の方であれば、難しいかもしれませんが、年齢が若い方であれば、物覚えもよいし、仕事が終わってから勉強する体力や気力があります。