【知らなきゃ損】会社が辞めさせてくれない時の相談先一覧

2020年2月25日

こんにちは!

 

退職を申し込んだのに会社が辞めさせてくれない場合、

他人の知恵を借りるために相談をしてみることは非常に大切です。

 

特に、社会人としての経験が少ない若い方が会社を辞める場合は、相談の必要性は増します。

 

そこで今回は、会社が辞めさせてくれない場合の相談先について書いていきます。

 

会社が辞めさせてくれない時の相談先

 

会社が辞めさせてくれない時の相談先を上げると、次のようになります。

1. 労働基準監督署の総合労働相談コーナー

2. 労働組合の相談窓口

3. 法テラス

4. 信頼できる職場の仲間

5. 弁護士

 

会社が暴行・脅迫などの強硬な方法で退職を妨害することは、

労働基準法違反に該当するので、そういう場合は、

会社が労働基準法を守るように指導する公的機関である労働基準監督署(総合労働相談コーナー)に相談します。

 

多くの労働組合では、労働に関する相談窓口を設定していますので、

そちらでも、会社が辞めさせてくれない場合の相談をすることができます。

料金は無料です。

 

法テラスは国の設置した法律問題の総合相談窓口です。

会社が辞めさせてくれないなどの退職に関する相談も可能です。

 

信頼できる職場の仲間は、専門家ではありませんが、気軽に相談できることが最大のメリットです。

ただし「信頼できる」ことが、相談するにあたり絶対に必要な条件です。

 

弁護士は、会社が辞めさせてくれないことに関して、

訴訟に発展しそうな深刻な問題を抱えるときには、相談すべき相手となります。

 

会社が辞めさせてくれない時一人で悩まない

 

一人で問題を抱えてしまうと、そこに会社が付け込んで、

会社を辞めさせない行動がエスカレートしていくことがあります。

 

労働に対するトラブルの対処方法として大切なことは、

自分、会社の他に、公平な第三者の判断を仰ぐことです。

自分と会社であれば、会社の方が強く、会社に言い負かされてしまうに決まっています。

 

会社は自分が強い立場にあることを利用して、労働者(自分)に無理難題を押し付けてくることはよくあります。

 

このようなケースでは、公平な第三者に判断してもらうと、

会社が無理を言っているという結論となることはよくあります。

 

特にブラック企業は、人間を奴隷のように扱うノウハウを豊富に持っています。

第三者の力を借りないと、その罠に引っかかって、中々会社を辞められなくなります。

 

第三者の力を借りることが、すなわち相談することになります。