今が変わるチャンス!?会社を辞める際の言い方について!

2020年2月25日

こんにちは!

 

会社を辞めることを伝える際には、結構勇気がいりますし、

どのようにして伝えたらよいのだろうかと、多くの人が悩みます。

 

そこで今回は、会社を辞める際の言い方について書いていきます。

 

会社を辞めることを言うタイミング

 

職場の上司に会社を辞めたいことを伝えるときは、繁忙期を避けます。

 

繁忙期に会社を辞めたいことを伝えると、上司は通常業務で忙しいところに、

新たに退職に関する手続きをしなければならないとなると、キレるかもしれません。

 

また引き継ぎに余裕を持たせるために、退職予定日の1か月~3か月前に退職を伝えます。

 

会社の就業規則に、退職する場合は○カ月前までに会社に申し出ること、

というような規定がある場合には、その規定に従います。

 

こういった基本的なマナーを守れば、退職の申し入れをしたら上司に怒鳴られた、

というような事態が起こりにくくなります。

 

会社を辞める際の言い回し

 

人間、丁寧な物言いをされると、怒りにくくなるものです。

 

最後に、「本当に感謝しています。いままでいろいろとお世話になったことは一生忘れません」

などと感謝の言葉を添えると、それを聞いている方もグッときます。

 

退職を留意された場合には、

「もうすでに、自分なりに考えて出した結論なので、辞める意志は変わりありません」と丁寧に断ります。

 

会社を辞める際の理由の大半は、給料が安い、休日が少ない、人間関係が悪い、会社の将来が危ない、

などといったネガティブなものです。

辞める際に上司から退職理由を聞かれた時に、これをストレートに伝えると、雰囲気が悪くなります。

 

そこで、例えば

「○○の分野に興味が出始め、この分野で新しいチャレンジをしてみたいので、御社を退職します」

などという理由を伝えると印象が良くなります。