【気をつけよう】20代後半で仕事を辞めたい人が注意すべき点

2020年2月25日

こんにちは!

 

終身雇用が崩壊しつつある現在の日本では、一生のうちに2度3度転職をすることは当たり前になってきています。

 

そこで今回は、20代後半で仕事を辞めたいケースについて書いていきます。

 

20代後半で辞める場合に気を付けること

 

職場でひどいパワハラを受けているとか、長時間労働が続いてまいっているというような場合は別ですが、

一般的には、20代後半で会社を辞めたいと思っても、会社に退職の申し入れをする前によく考えましょう。

 

最近では終身雇用制が壊れつつありますから、人生で2度3度職を変えることは珍しいことではありません。

 

転職で人生がガラッと変わり、大きな成功をつかむ人もいます。

 

その一方で、20代の後半で会社を辞めた場合、その後再就職がうまくいかず、

パートやアルバイトでの就労を長い間続けるうちに、40代50代を迎えてしまう可能性があります。

 

そうすると、取り返しのつかないことになります。

 

20代後半での職探しは比較的簡単だと言われていますが、再就職のプランのない退職は非常に危険です。

会社を辞める場合は、会社に退職を言い出す前に、再就職プランをしっかり固めるべきです。

 

退職後のしっかりとしたプランが必要

 

最近は人手不足で、20代後半の若者であれば、再就職に苦労するということは少ないようです。

 

しかし再就職に失敗して、そのまま定職に就かずにそのままズルズル年を重ねてしまうリスクもあります。

 

そうならないために、できれば辞めたいと思う現在の会社に勤めている間に再就職先を決めておいて、

再就職先が決まったら、退職の申し入れを行う方法が理想的です。

 

少なくとも、自分の性格・技能・特徴などをよく分析して、

自分に合った仕事とはこういうものだというはっきりした考えを持っておく必要があります。

 

「人間関係が良くないから」「仕事がきついから」「給料が安い」

などといった理由のみで会社を辞めてしまいますと、辞めたあとが大変になります。