「会社を辞められない」という事は基本的にないのでご安心を!

こんにちは!

 

少子高齢化の影響で、人手不足が深刻化する現在の日本では、会社を辞められないというケースが多くなってきています。

 

そこで、今回は、会社を辞められない場合について書いていきます。

 

会社が辞められないは自分の問題

 

会社は辞められないことはありません。

 

現在の日本の法律では、労働者に退職の自由が保障されていますので、会社を辞めるという意思を固く持つ限り、最終的には会社が折れて、退職できます。

 

会社の方でも、暴力や脅迫、監禁などの手段を用いて、退職を申し出た労働者を強制的に働かせることが法律違反であることを知っています。従って、無理な引き留めはしないのが原則です。

 

会社が辞められないのは、退職後の再就職先が決まっていないので将来が不安だとか、お世話になった職場の方を裏切るような気持がして、退職に踏み切れないということが多いと思います。

 

退職手続きが分からないというケースも、どうしてもという場合には、退職代行サービスを利用すれば、その手続きを代行業者がやってくれるので、これも大きな問題とはなりません。

 

会社が辞められない時はどうすればよいか

 

会社が辞められないという場合には、退職後の再就職の計画をしっかり立てると、退職しやすくなります。できれば、現在の会社にいる間に再就職先を決めてしまうと、退職後の不安が少なくなりますので、退職しやすくなります。

 

職場で面倒を見てくれた方を裏切るような気がして気が引けるということに関しては、退職までの間に、引き継ぎをしっかりするとか、退職時の挨拶を丁寧にする、退職まで仕事を一生懸命やるとかすれば、大丈夫です。

 

誰でも、自分にも突然退職する可能性があることを理解していますから、自分に迷惑がかからない限り、退職する方を不必要に攻撃したりしないものです。

 

退職代行を使った場合、退職時の挨拶などはできませんが、退職後に個別にお礼をするなどする方法もあるので、気になる方はそうすればよいでしょう。