「仕事を辞めたい」のに無理をするのは時間の無駄かも・・・。

こんにちは!

 

仕事を辞めたいのに、毎日イヤな職場に通いうことは非常に苦痛です。

 

そこで、今回は、仕事を辞めたいのに、無理して職場に通うことが、時間の無駄になるケースについて書いていきます。

 

仕事をだらだら続けるのは時間の無駄

 

「楽しく働く」ことができれば、毎日が充実していますし、「幸福度」高くなります。

 

仕事も意欲的にこなせるので、収入もアップします。

 

一方、仕事を辞めたいと思いつつ、いやいや仕事をしている場合には、「幸福度」も低く、収入もなかなか上がりません。

 

状況にもよりますが、仕事を辞めたいと思った場合、だらだら仕事を続けるよりも、あっさり退職して、自分がより活躍できる新しい職場を見つけた方が良い場合もあります。

 

特に、20歳前半の方であれば、第2新卒として、求人が多数あります。

 

一部の企業では、面倒な新人研修をしなくてもよいという理由で、新卒よりも第2新卒の採用をより希望するところもあるくらいです。

 

そういったケースでは、会社を辞めたいのにだらだら続けるのは、時間の無駄です。

 

退職代行を使ってあっさり退職

 

例えば、介護業界では、人手不足で常時多数の求人があると言われています。

 

そういった状況下で、現在働いている職場が、人手不足のために、連日深夜まで残業、休日も1か月に1日程度の劣悪な労働環境だとします。

 

そうすると、残業時間が少ない介護職の求人多数あるわけですから、転職したほうが良いがことは分かり切っていますが、現在の職場に辞めたいと切り出した結果、職場の上司が辞めないように説得するので、辞めたくても辞められない状況になることがあります。

 

しかし、このケースで、劣悪な職場環境の会社を辞めたくても、辞めないで続ける時間は無駄な時間です。

 

介護職の優良求人は、すぐに決まってしまう傾向があるので、ぐずぐずしていると、よい転職先を逃してしまいます。

 

こんなときは、退職代行などを使って、あっさり辞めてしまい、別の会社に移った方が良いでしょう。