【仕事の辞め方】退職理由はシンプルに「一身上の都合」でOK!

2020年2月21日

こんにちは!

 

仕事を辞める時に、会社や同僚に伝える退職理由はどうすればよいかということで、よく悩みます。

 

そこで今回は、仕事を辞める際に会社に伝える理由について書いていきます。

 

仕事を辞める時の理由は一身上の理由

 

仕事を辞める際の理由として多いのは、

人間関係がおかしい、賃金が安い、休暇が少ない、仕事が自分に合わない、昇進・昇格の見込みがない、

などといったネガティブなものです。

 

これを退職の際に正直に会社に伝えると、会社の方では面白くないし、

退職される方が、それを会社に伝えるメリットも全くありません。

 

従ってほとんどのケースでは、仕事を辞める際に退職届に記載する退職理由は「一身上の都合」とするのがいいでしょう。

 

この理由であれば、会社の体面を傷つけることがありません。

 

仲の良い同僚などには、会社を辞める本当の理由を伝えてもよいのですが、

公式な場面での退職理由は、「一身上の都合」としておくのが無難です。

 

退職の時に上司に伝える理由

 

上司に退職理由を聞かれた場合には、それに答える義務は全くありませんが、

お世話になった上司であれば、むげに断るわけにはいきませんので、退職理由を話すことになるでしょう。

 

その際にも、退職理由の多くが会社を否定するネガティブなものであることは事実ですが、

そういったことは上司に言わないのが礼儀です。

 

次のようなポジティブな又は個人的な事情を盛り込んだ理由を上司に伝えれば、

悪い印象を残すことなく、会社を辞めることができます。

 

・個人で開業する決意を固めました

・資格取得のために勉強に専念します

・学生の頃からの夢であった海外留学を実現します

・結婚が決まり、引っ越しをしたので退職します

・親の介護に専念しなければならなくなりました

・家業を継ぐことを決意しました