泥沼化必至!?正社員で辞められない人は複雑になる前に辞めるべし

2020年2月21日

こんにちは!

 

仕事に生活がかかっている正社員は、会社を辞めたくても辞められないジレンマに陥りやすくなります。

そこに会社が付け入り、執拗な退職妨害を行うことがあります。

 

そこで今回は、正社員が会社を辞められないケースについて書いていきます。

 

正社員の辞められないは深刻化する

 

アルバイトやパートの場合、就職するのも退職するのも、正社員の場合と比較するとそれほど気を遣う必要はありません。

 

会社の方でもアルバイトやパートに重要な仕事を任せることは少ないので、

辞めたいというものを無理に引き留めることはまずありません。

 

一方正社員の場合には、会社の基幹業務を担っている場合が多いので、

そういったものが辞めると言い出した場合、その引き留も強力なものになります。

 

また、特に年齢が高い場合には、いい転職先が見つかる可能性が高くないですから、

働きたくない職場であって辞めたいと思っても、

せっかく正社員になったのだから、できるだけ辞めたくないという感情との葛藤になる傾向があります。

 

そこに会社が付け込んで退職を引き留めるので、去るも地獄、残るも地獄というような事態に陥りやすくなります。

 

正社員を辞められないで退職代行を使う

 

正社員の場合、会社を辞めたくても辞められないケースでは、状況が泥沼化することがあります。

 

辞めるに辞められない状況に会社が付けいって執拗に退職妨害工作を行うと、

働きたくない職場で長期間働くことになって、心身の健康を害すこともしばしばです。

 

そういった時は、退職代行サービスを使ってあっさり退職するという方法があります。

 

前の会社との悪因縁を断ち切って新しい会社に移ることによって、状況が劇的に良くなることがあります。

 

心身ともに滅入っている時に、執拗に退職を妨害する会社相手に退職手続きを行うことは非常に困難です。

 

幸い、現在は多数の退職代行サービス業者が存在していますから、

そういった時はこのサービスを利用することがおススメです。