【ルール】スムーズな仕事の辞め方!2週間あれば辞められます!

2020年2月15日

こんにちは!

ヤメカタです。

 

今回は仕事の辞め方について書いていきます。

 

先に要点をまとめます。

 

仕事(会社)を辞める場合、会社に退職届を提出します。

法令では退職希望日の2週間前に伝えれば辞められます。

ただ人員が少ない職場などは、1~2か月前に伝えておいた方が波風が立ちません。

 

その後は引継ぎや備品の返却などになります。

 

 

まず、会社に退職届を提出する

 

仕事を辞める場合は会社の上司に退職届を提出します。

正社員の場合、退職届を会社に提出してから2週間が経過すると自動的に退職となります。

法令で決まっている為、会社が退職届を受理するしないは関係ありません。

 

退職届を提出してから2週間は、

普通に勤務していても残っている有給を消化しても構いません。

 

退職日までに会社から貸与を受けた物品は会社に返却し、

また会社に保管してある自分の物品は回収します。

 

次の会社の就職のことを考えると、

現在勤めている会社の人脈を活用できるように、円満退社が望ましいことは言うまでもありません。

 

いかなるひどい会社であっても、少なくとも何かしらの恩恵は受けたはずです。

職場の上司や同僚にお礼を言って退職するのが望ましいです。

 

退職届を出すタイミングを選ぶ

 

病気や怪我等の特別な理由ですぐに退職しなければならない場合は別として、

退職届を出す際はできるだけ会社に迷惑をかけないようにします。

可能であれば会社の繁忙期を避けることが望ましいです。

 

法律上は、退職届を提出してから2週間が経過すると自動的に退職となります。

会社のことを考えると退職の1~2か月前に退職届を提出することが望まれます。

 

会社から退職を思いとどまるように留意されることがあります。

しかし、これは気にする必要はないと思います。

 

会社の留意で退職の意思表示を覆すようであれば、

最初から退職届を会社に提出しない方が良いでしょう。

 

退職届は撤回できない

 

退職届を会社に提出した後に退職届を撤回しても、

一旦やめると口に出した以上、会社との信頼関係は復旧しません。

 

また、退職届を会社に提出した後、会社が退職を思いとどまるように留意することがありますが、

それで残っても同じです。

 

会社の説得で退職届を撤回した場合、

周囲は節操のない人間だと見るようになるかもしれません。

 

一度退職届を会社に提出した以上は会社を辞める以外に方法はなくなります。

 

退職届を出す前に十分に検討して、

絶対に会社を辞めた方が自分にとってプラスだと判断した場合のみ、

退職届を会社に提出すべきです。