「退職したいけど上司に言えない…。」そんな時の解決方法

2020年2月21日

こんにちは!

 

会社に退職する旨を伝えることは、結構気を使うし、

人によっては、退職したいけれどもそれが言い出せなくて、ズルズルと何カ月も経過してしまう場合もあります。

 

今回は、会社に退職を言えない場合について書いていきます。

 

退職が言えない理由

 

退職が言い出せない理由としては、以下のようなものがあります。

 

・気まずい

・辞めた後のことが決まっていない

・引き留められそうだから

・上司が怖い

・人手不足で職場に迷惑がかかりそうだから

 

「気まずい」というのは気持ちの問題なので、気にしなければ退職を切り出すことができるでしょう。

 

辞めた後のことが決まっていない場合には、勤めながら転職先を探し、転職先が決まってから退職することで解決できます。

 

「引き留められそうだから」という理由は、退職の意思をしっかり持って、会社の退職の引き留を断れば大丈夫です。

 

上司が怖くても、上司が暴力や脅迫などの手段を用いて退職を妨害することは法律で禁止されています。

上司ができることは話し合いによる説得だけです。

従って、上司が怖くてもそれは大したことはないので、勇気を持てば、退職を言い出せます。

 

人手不足で職場に迷惑がかかりそうだというのも、人手不足に対する対策を打つのは会社の方なので、

退職される方は気にする必要はありません。

 

退職が言いにくい時はどうするか

 

退職がいいにくい時は、言い出しやすい退職理由を考えるとか、転職先を見つけてから退職を切り出すとか、

退職の申し入れをする時期は会社の繁忙期を避けるなどの対策を打てば、言い易くなります。

 

確かに、会社を辞めるということは言いにくいことに間違いはありません。

しかし、働く方には退職の自由が保障されており、退職の意思を固く持つ限り、最終的に会社は退職を認めざるを得ません。

 

退職を言い出しにくい理由としては、会社が引き留めるとか、会社に迷惑をかけるとか、

そういったことではなく、退職することで一時的にせよ仕事を失う不安の方が、より強いし、より重要であると言えます。

 

退職前に転職先を見つけておくとか、退職後の計画をしっかり立てる、

退職後の生活費をしっかりためておくなどの退職後の備えを十分しておけば、退職が言い出しやすくなります。

 

なお、どうしても会社に退職を言い出せない場合には、退職代行サービスを利用する方法もあります。