【気まずい】仕事を辞めたいけど言い出せない時の解決法

2020年2月21日

こんにちは!

 

仕事を辞めることを会社に切り出す際には、大きなプレッシャーがかかります。

そのプレッシャーに負けてしまうと、退職を会社に伝えられないまま、ズルズルと時間だけが経過していきます。

 

そこで今回は、仕事を辞めたいがそのことを会社に言い出せない場合の対応策などについて書いていきます。

 

仕事を辞めたいが退職を言い出せない場合

 

仕事を辞めたいが、退職を言い出せない理由としては、次のようなものが考えられます。

 

1. 上司が怖い

2. 気が小さい

3. 同僚に迷惑がかかる

4. 辞めた後のことが決まっていないので怖い

 

退職の自由は法律で認められているため、誰でも一定のルールを守れば、自由に会社を退職できます。

 

退職を申し出た労働者の方に対して会社ができることは、

退職しないようにという話し合いによる説得だけなので、

労働者の方が固い退職の意思を持つ限り、必ず退職できます。

 

従って、「会社を辞めます」と会社に伝えることは、

何らためらうことがないというのが建前ですが、

実際にはやはり、上で述べた理由などにより、会社に退職を伝えることは気が引けます。

 

会社に退職を言い出せない時の工夫

 

会社に退職を言い出しにくい時は、いい方に気を使います。

忙しい時期を避けるとか、引き継ぎをしっかりするとか、

退職時の一般的なルールを守る限り、会社を辞めることは悪いことではありません。

 

退職後が決まっていないため、怖くて退職を切り出さない場合には、

再就職先が決まってから退職を伝える方法が考えられます。

 

お世話になった会社であれば、途中で辞めるとなると罪悪感が残りますが、

例えば、殺人的な長時間労働を課せられているとかひどいパワハラを受けている会社を辞める場合には、

会社を辞めるというのは正当防衛ですので、堂々と伝えるべきです。

 

会社が行っている不正によって会社を辞める場合で、どうしても退職を言い出せない場合には、

退職代行サービスを利用する方法が考えらます。