【いつ言う?】会社を辞めると決めた時に伝えるタイミングについて

こんにちは!

 

会社を辞める時に、そのことをどのタイミングで会社に伝えるのかということは、多くの方が迷うと思います。

 

そこで、今回は、会社を辞めるということを会社に言うのはいつか、ということについて書いていきます。

 

退職予定日の1か月から3か月前が理想的

 

会社を辞める場合の大きな問題の一つは、引き継ぎです。

 

引き継ぎさえしっかり行えば、会社を辞めたことでトラブルに巻き込まれることはほとんどなくなります。

 

また、会社に残る同僚に、「あいつは常識のない奴だ」という印象を残すこともなくなります。

 

引き継ぎにかかる時間は、1か月から3か月程度と言われていますので、余裕をもって引き継ぎを行うためには、退職予定日の1か月~3か月前に辞めることを言うのがいいでしょう。

 

会社の就業規則に、「退職する場合は、退職予定日の○日前までに申し出ること」というような条項があれば、それに定められた期間前に申し出をすれば大丈夫です。

 

法律的には何時退職を申し入れればよいか

 

期間の定めのない契約で働く正社員の場合は、原則として、退職予定日の2週間前に退職を伝えれば、退職できることになります。

 

より厳密な言い方をすれば、正社員が2週間前に退職を申し出て退職した結果、会社に損害が出た場合でも、退職者は法的な責任は問われないということになります。

 

従って、法律的には、正社員の場合、退職予定日の2週間前が退職を申し入れるタイミングということになります。

 

一方、期間の定めのある契約で働くパートさんやアルバイトさんの場合、特別な事情がなければ、契約期間の途中で辞めることはできませんので、会社を辞める場合は、期間満了時に更新契約書にサインしないことで、会社を辞めることになります。

 

有期契約の場合、普通は、契約更新時期の約1か月前に、契約更新の意思確認の場が設けられますので、その場で次の更新契約をしない旨を会社に伝えれば辞めることができます。

 

有期契約の場合には、会社に退職の申し入れをする必要は原則としてありませんので、一部の例外を除き、いつ退職を申し入れるかということは問題になりません。