【知っておきたい】会社を辞めるタイミングとその伝え方

こんにちは!

 

会社を辞めることを伝える際に、タイミングや伝え方を間違えると、後々までイヤな感情が残ります。正しいタイミングや伝え方で、退職の意思を会社に伝えて、スッキリ退職したいものです。

 

そこで、今回は、会社を辞めることを伝えるタイミングと、その伝え方について書いていきます。

 

会社を辞めることを伝えるタイミング

 

会社を辞めることを伝えるタイミングは、退職予定日の1か月から3か月前と言われています。

 

退職時期が会社の繁忙期と重ならないように配慮できれば、なおよいでしょう。

 

会社を辞める時に気を付けないことは、引き継ぎですが、退職予定日の1か月から3か月目に退職を申し入れれば、会社は余裕をもって引き継ぎができます。

 

1か月~3か月前に退職を申し入れたにもかかわらず、退職時期になって会社が人手不足を理由に退職しないように引き留めてきても、退職する側は、十分な準備期間を与えたことですでに義務は果たしているので、それに答える必要はありません。

 

会社を辞めることの伝え方

 

会社を辞めることを伝える場合の退職理由は「一身上の都合」で十分です。

 

退職に当たり、正確な退職理由を会社に伝える義務は全くありません。

 

ただし、直属の上司から退職理由を聞かれた場合で、それを断りにくい場合は、次のような、角の立たない理由を伝えればいいでしょう。

・家族の介護をしなければならなくなった

・体力的に今の仕事が続けられない

・資格取得のために勉強に専念したい

・結婚に伴い転居した

・夢だった海外留学を実現したい

 

「給料が安い」「職場の人間とそりが合わない」「休日が少ない」「会社の将来が不安」などという、会社に対する不満を退職理由として伝えることはNGです。

 

直属の上司に退職の意思を伝える場合は、「重要なお話がありますので、後でお時間をとっていただけませんでしょうか?」と事前にアポを取って、向こうが都合がつく時間に、その旨を伝えるとよいでしょう。

 

アポも取らずに、直接「会社を辞めます」と伝えることは、常識外れです。

 

退職の意思を伝える際には、礼儀正しく、丁寧な言葉を使います。