【解決策】3か月目でアルバイトを辞めたいと思ったらどうする?

2020年2月25日

こんにちは!

 

アルバイトで就職して3カ月が経過すると、仕事や職場に慣れ、職場の人間関係も大体わかってくる頃です。

 

そこで今回は、このバイト就職3か月目で仕事を辞めたい場合について書いていきます。

 

バイト就職して3カ月経過時点は辞め時

 

バイトで就職して3カ月が経過した時点は、仕事や職場に慣れてくるし、

職場の人間関係や派閥も分かってきます。

 

この時期になると、最初の頃の緊張が抜け、

会社に残った方が良いのか、あるいは辞めた方が良いのかを冷静に判断できるようになっています。

 

また、この時期であればまだ試用期間内ですので、

会社にそれほど迷惑をかけることなく辞めることができますし、

周囲も、就職して短期間で辞めていく人は必ずいることは分かっていますから、辞めやすい時期と言えます。

 

就職して3か月経過時点でバイトを辞めたいと考える場合には、

いずれ辞めるのであれば早い方が良いので、1つの辞め時ということができます。

 

バイト就職して3カ月目は辞めやすい

 

3ヵ月で辞める場合は、深刻な人手不足に直面している会社を除けば、

会社が辞めることを留意することはまずありません。

 

また、就職してから3か月の退職は、よくある新人さんの短期退職に該当するので、

退職理由は分かり切っていますので、退職理由を会社に述べる必要もなく、退職理由を考える必要もありません。

 

バイトでもあるし、簡単に退職できますが、

会社に迷惑がかかりますので、フェードアウェイだけはしないようにします。

 

一般的には、アルバイトであっても退職予定日の1か月以上前に退職の申し入れをするのが原則ですが、

就職して3か月目であれば、そんなに前に申し入れる必要はないでしょう。

 

退職予定日については、会社と話し合う必要がありますが、

すぐに辞めさせてくれるるケースも少なくありません。