【退職できない】パワハラの職場でも確実に辞める方法を伝授!

2020年2月15日

こんにちは。

 

今回は、会社のパワハラが原因で会社を辞めたい場合について書いていきます。

 

会社でパワハラを受けている時に会社を辞めたいと言うと、パワハラがエスカレートします。

そのために、このケースでは、退職代行サービスを利用するといいでしょう。

 

このサービスを利用すれば、

会社の人間と顔を合わせることなく、即日に会社を辞めることができます。

 

退職代行サービスを利用する

 

会社でひどいパワハラを受けていると、会社の人間に会社を辞めたいと言うと、

どんな仕返しをされるか分からないので、会社を辞めたくても辞められないことが多くなります。

 

パワハラを行うような会社は勤めている価値はありませんから、

一刻も早く退職すべきなのですが、そんなときに退職を申し入れると、

パワハラがさらにエスカレートすることが目に見えています。

 

そんなときは、退職代行サービスを利用しましょう。

 

退職代行サービスを利用すれば、料金はかかりますが、

会社の人間と顔を合わせることなく、即日に退職できます。

 

退職後にトラブルに巻き込まれるリスクも回避できます。

 

弁護士と提携している事業者を選ぶこと

 

パワハラを受けている会社を退職する際に退職代行サービスを利用する場合には、

弁護士と提携している事業者(又は弁護士事務所)に依頼する必要があります。

 

パワハラを行うような会社を退職する場合は、会社の方で、

いろいろ退職者にいちゃもんをつけてくることが多く、

それを事業者がうまく交渉して退職者が不利益を被らないようにする必要があります。

 

退職に関して、会社と法律的な交渉事を行うことは、

弁護士か弁護士と提携している退職代行サービス事業者しかできません。

 

パワハラを平気で行うような企業を退職する場合には、

会社と法律的な交渉を行う必要があるケースがほとんどですので、

予め弁護士事務所と提携している事業者等に頼む必要があります。

 

バックレより退職代行サービスの利用が良い

 

人間関係や仕事が自分に合わないという理由で退職する場合に

退職代行サービスを利用するのは、違法ではありませんが、いささか甘えすぎの感があります。

 

会社を円満に退職するという方法を覚えることは、社会人として必須なことです。

現代のように、転職が当たり前の時代には、なおさらです。

 

安易に退職代行サービスを利用することは、それを覚える機会を逸してしまいます。

 

会社を円満退職することで、前の会社で築いた人間関係を後の会社に生かすことができますし、

会社というものに対する知見を深めることができます。

 

しかし、これは一般的な話で、会社でパワハラを受けている場合は別です。

 

会社のパワハラは、放っておくと被害者が精神障害を発症したり、

最悪自殺したりする可能性がある、非常に危険な行為です。

 

被害者が自分が危ないと感じた場合に、最も簡単確実に危険を回避できる方法が退職です。

 

緊急の場合にはバックレ(2週間の無断欠勤で懲戒解雇)てもいいのですが、

少しでも精神的に余裕がある場合には、退職代行サービスを使うのがいいでしょう。

 

退職代行サービスを使えば、退職後にトラブルに巻き込まれるリスクも少ないし、

雇用保険手続きの方も安心です。