【悩む前に読む】仕事を辞めたいと思った時に注意すべき点

こんにちは!

 

仕事を辞めたいともう時は、誰にでもあるものです。

 

そこで、今回は、仕事を辞めたいと思う時に注意すべき点について書いていきます。

 

再就職に関する情報収集を行うこと

 

定年退職が真近の方は別として、普通は、会社を辞めると、個人事業主として起業する場合を除けば、再就職先を探さなくてはいけません。

 

衝動的に会社を辞めてしまって、長期間、再就職先が見つからない、又は、再就職先が見つかっても、その会社がブラックで、すぐに辞めざるを得なかった、ということになってしまっては、最悪です。

 

仕事を辞めたいと思った時は、辞める前に、転職エージェントなどを使って再就職に関する情報の収集を行ってみるといいでしょう(もちろん、会社に気づかれないようにこっそりです)。

 

理想的には、再就職が決まってから退職したほうが良いです。この場合は、退職するリスクは非常に小さくなります。

 

自分の仕事を見直す良い機会

 

仕事を辞めたいと思う時は、自分の仕事を見直す良い機会です。

 

職業生活は、普通は40年以上と非常に長いもので、人生の大きな部分を占めます。

 

その職業生活が充実したものになるか、そうでないかによって、その人生の幸福度がまるで変ってきます。

 

現在の仕事が自分に合っているのか、自分が本当にやりたいものなのか、現在の仕事を続けていて、明るい将来が描けるのか、ということは真剣に考えなくてはなりません。

 

仕事を辞めたいと思う時は、そういったことを考えるのには最適の時期です。

 

信頼できる職場の友人、上司、家族などにお仕事のことを相談してみてもいいでしょう。