【50代向け】仕事を辞めたい!でも会社に言い出せない時はどうする?

こんにちは!

 

50代というと、そろそろ定年退職が見えてくる時期ですが、この時期に会社を辞めたいと思う方も結構多くいらっしゃいます。

 

そこで、今回は、50代で仕事を辞めたいが、それを会社に言い出せないケースについて書いていきます。

 

50代で会社に辞めたいと言えない理由

 

50代のサラリーマンの方であれば、社会経験も豊富で知識や技能もあり、新人さんとは違って、会社の上司が怖くて、会社を辞めたいと言い出せないことは、少ないと思います。

 

50代の方が会社を言辞めたいと言い出せない理由としては、再就職後の不安によるものが大きいと考えられます。

 

多くの企業では、50代の求人を敬遠します。労働市場が売り手市場であったとしても、それは20代から30代前半の若年者に関するものであることはほとんどで、50代の方が自由に転職できることはまずありません。

 

確かに、職を選ばなければ、50代でも簡単に転職できるかもしれませんが、管理職として勤めていた者が、転職先で自分の子供と同じ年代の者と同じ新人の仕事をすることは、耐えられないでしょう。

 

50代で会社を辞めたい場合には、再就職などの退職後の問題を解決することが、最優先の課題と言えます。

 

50代では会社を辞めない方が良い

 

50代と言えば、子供が大学に通っていたり、多額の住宅ローンを抱えていたりする時期です。

 

この時期に、会社辞めてしまい、再就職先が見つからない場合には、たちまち、お金が無くなってしまいます。

 

幸い、会社の方では、正社員であれば、大きな失敗をしない限り、何とか定年までは会社で抱えてくれます。

 

子供が就職して独立していたり、住宅ローンを完済していれば別ですが、そうでなければ、直ちに会社を辞めなければ命が危険にさらされるような特殊なケースを除いて、定年までは会社に勤めていた方が良いかもしれません。

 

50代と言えば、定年までもうひと頑張りです。