「仕事を辞めたい。でも言えない・・・。」そんな時の対策について

こんにちは!

 

仕事を辞めたいと会社に伝えることは、誰でも勇気がいります。特に、会社に恩義を感じている場合には、会社を辞めることが会社に裏切るような気がして、いよいよ、言えなくなります。

 

そこで、今回は、仕事を辞めたいと会社に言えないケースについて書いていきます。

 

仕事を辞めたいが言えない時の対策

 

仕事を辞めたいが、そのことを会社に言えない場合、仕事を辞める意志が固まっていれば、言い方を工夫するとか、言い出すタイミングを工夫するとかすれば、言いやすくなります。

 

例えば、次のような事柄を実践することで、随分言いやすくなります。

・当たり障りのない退職理由を考えると

・できるだけ丁寧な言葉を使う

・事前にアポをとって伝える(突然言い出さない)

・会社に感謝の念を伝える

・言い出すタイミングは会社の繁忙期を避ける

・退職予定日の1か月から3か月前に伝える

 

従業員の方には法律で退職の自由が認められていますので、退職の意思を固く持つ限り、必ず退職できます。

 

会社を過度に恐れる必要はありません。堂々と、「辞めたい」というべきです。

 

ただし、会社を辞めることは非常に重要な事件ですので、一般常識に従って、できるだけ、お互いにあとくされのないようにするべきです。

 

会社を辞めた後の不安を打ち消しておく

 

仕事を辞めたいと言えない場合、その理由が、そう伝えると職場の上司や同僚に怒鳴られそうだから、などという場合は、実は、問題はそれほど深刻ではありません。

 

会社が暴行や脅迫、監禁などの不当な手段を使って退職を妨害することは法律で禁止されていますし、いざという時は、退職代行サービスを利用するという方法もあります。

 

仕事を辞めたいと言えない場合、退職後の生活のことが不安だという理由のことも多いのですが、こちらの方がより問題は深刻です。

 

これに対しては、退職後の再就職プランをしっかり作っておけば、不安が薄らいで、言いやすくなります。

 

できれば、仕事を辞めることを伝える前に、再就職先を決めておけば、ほとんどノーリスクで辞めることができます。