知ってた?弁護士が関与する退職代行サービスの特徴について

こんにちは!

 

退職代行サービスには、弁護士事務所が関与しているものとそうでないものがあります。

 

そこで、今回は、弁護士が関与する退職代行サービスの特徴などについて書いていきます。

 

弁護士が運営する退職代行の特徴

 

弁護士が運営する退職代行サービスと、弁護士が関与しない退職代行サービスの最大の違いは、弁護士が運営する退職代行サービスは、会社と退職に関する法律的な交渉の代行ができるのに対して、弁護士が関与しないものは、それができないという点です。

 

例えば、退職の申し入れと同時に退職する即日退職を希望する場合、会社がそれを認めないケースが多いですが、それを押し切って退職するには、会社と交渉を行う必要があります。

 

また、トラブルを抱えた状態で退職の申し入れを行うと、会社が損害の賠償請求をちらつかせる場合がありますが、そういったケースで、会社に損害賠償の請求をさせないで、うまく退職するように話をまとめることも、法律的な交渉に該当します。

 

こういった交渉は、法律的な交渉に該当しますので、弁護士でないと代行ができません。

 

弁護士の関与しない退職代行サービスができることと言えば、依頼者の代わりに退職届を作成して、それを会社に提出することや、依頼者が預かる会社の備品を会社に返却するなど、法律的な交渉事とはかかわりない手続きに限定されます。

 

弁護士に退職手続きを依頼するメリット

 

退職希望者が退職手続きを弁護士したと聞くと、会社の方では、大きなプレッシャーを感じることになります。

 

弁護士から会社に、今後、退職に関する手続きの一切は、本人に代わって弁護士が行いますので、連絡などはすべて弁護士にお願いしますと伝えるだけで、会社が退職を認めてくれることもあります。

 

弁護士は、法律の専門家として高い尊敬を受けていますから、会社の方では退職希望者に弁護士がついたとい分かると、もう下手なことはできないと感じます。

 

特に、会社が退職希望者の無知に付け込んで、退職者に違法または不当な要求をする場合には、退職手続きを弁護士に依頼するメリットが非常に大きくなります。

 

会社が、退職希望者が退職手続きを弁護士に依頼したと分かった後でも、退職妨害工作をやめないことがありますが、この場合でも、弁護士が本人に代わって会社と交渉してくれますから、本人は安心して退職できます。

 

退職代行

Posted by ek