知らないとリスクあり!30代で会社を辞めたい方向けの注意点

2020年2月25日

こんにちは!

 

30代は、仕事や職場環境にもなじんで、問題なく日々の仕事をこなせるようになっている場合が多いのですが、

仕事や職場に慣れてきたからこそ見えてくる不満も多く、30代で会社を辞めたいと考える人も多くなっています。

 

そこで今回は、30代で会社を辞めたい場合について書いていきます。

 

30代は職業の軌道修正の最後の時期

 

35歳ぐらいまでであれば、正社員としての採用されることが十分に可能です。

 

しかし、35歳を過ぎるころから、正社員として採用されることが徐々に難しくなり、

40歳を超えると、それが非常に難しくなります。

 

最近は、正社員としての採用の年齢制限を撤廃している会社も多くなっていますが、

40歳を過ぎるころから新しい環境に適応するのが難しくなり、

仮に正社員として就職することができたとしても、なかなか活躍することはできません。

 

30代は、会社を辞めた後に、正社員として転職できる最後の時期ということができます。

 

新卒又は第2新卒で職業選びに失敗した場合、この時期に軌道修正をしないと、

もう今の会社で一生我慢するほかないでしょう。

 

30代の退職は退職後の計画がより重要

 

30代の方は、結婚されて家庭を持っている方も多いと思います。

 

家庭をお持ちの方は、そうでない方に比べて、会社を辞めることがより難しくなることは言うまでもありません。

 

そういった場合で会社を辞める場合、在職中に転職先を決めておく方が無難です。

 

家庭を抱えての就職活動はプレッシャーがかかりますし、

焦って就職を急ぐと、ブラック企業に引っかかったりします。

 

30代の方であれば、社会経験も豊富で、退職手続きに関する知識も豊富にあると思います。

 

退職手続きの方は特に問題はないと考えられますので、

退職後の計画の方が、より重要であるということができます。