新入社員向け!シンプルな鉄則!「会社の辞め方」について

2020年2月25日

こんにちは!

 

新卒社員の3分の1以上が、就職から3年以内に会社を辞めると言われています。

 

そこで今回は、新入社員の会社の辞め方について、書いていきます。

 

新入社員の会社の辞め方

 

新入社員とはいえ立派な社会人ですから、会社を辞める場合には、一般的な退職手続きに従うのが原則です。

 

一般的な退職手続きは次のとおりです。

1. 退職プランを立てる

2. 退職を切り出す

3. 退職交渉

4. 退職届の提出

5. 引き継ぎとあいさつ

 

新入社員が退職する場合、新入社員は、会社で知っている人も少ないですし、

それほど会社とのつながりも深くなっていませんので、

長年勤めた正社員が退職するよりも、手続きを簡略化してもよいでしょう。

 

また何度も退職経験がある方とは異なり、初めての退職であるので、

うまくやれと言っても無理があるかもしれません。

 

職場の上司と揉めていなければ、職場の上司とよく相談しながら、退職手続きを進めれば間違いないと思います。

 

新入社員の辞め方で一番大切なこと

 

会社を辞めた新入社員のほとんどは、第2新卒として、再就職されると思います。

 

会社を辞める手続き自体は、それほど難しいことではないし、

どうしてもできない場合には、退職代行サービスに頼むという方法があります。

 

しかしよい再就職を見つけて、今度こそ自分の才能を発揮できて、

長期間継続して勤めることができる会社を見つけなくてはなりません。

 

従って、新入社員が会社を辞める場合には、退職後の生活設計を含めた退職プランを立てることが一番重要です。

 

しっかりした退職プランがあれば、退職に関する不安も少なくなります。

 

特に第2新卒で失敗しないように、自分に本当に適合した仕事はどんなものかということを、徹底的に考えるべきでしょう。