【どうする?】パートさんが辞めたいことを伝える際の言い方について

2020年2月25日

こんにちは!

 

有期契約で働くパートさんは、契約期間満了まで待って、

更新契約書にサインしないことで辞めるのが普通ですが、

期間途中で辞める場合には、退職届を会社に提出する普通のやり方で退職します。

そしてその際には、会社を辞めることを伝える際の言い回しに気を遣う必要があります。

 

そこで今回は、パートさんが辞めたいことを伝える際の言い方について書いていきます。

 

パートを辞めたいという時の言い方

 

パートさんを辞める場合の退職の申し入れ方については、退職は一つの儀式に近いものですので、

無礼にならないように丁寧な言い回しを使います。

 

一例を上げると、

「大変申し訳ありませんが、私こと、今月末をもって退職させて頂きたく、お願いいたします。」

などとなります。

 

丁寧な言い回しを使っても、退職の意思は固く持ちます。

会社に留意に対しては、

「固く決意しておりますので、退職するという気持ちは変わりません」とやんわり断ります。

 

最後に、

「大変お世話になりました。この会社で学んだことを活かし、次のステップに生かしたいと思います」

と感謝の言葉で結ぶと印象が良くなります。

 

パートの会社の辞め方

 

有期契約で働くパートさんの場合、病期やけがで働けないなどの特別な事情がない限り、

契約期間の途中では退職はできません。

 

従って、普通は契約期間満了まで待って、更新契約書にサインしないことで辞めることになります。

 

パートさんを雇う多くの会社では、契約期間の終期が来る1か月程度前に、契約更新に関する相談を行います。

その際に、次の契約をしないことを担当者に伝えれば、普通はそれで退職となります。

 

パートさんは期間の定めのない契約で働く正社員が退職する場合よりも、簡単に退職ができます。

 

期間満了まで待って退職する場合には、会社を辞める旨を伝える際の言い方については、

それほど気にする必要はないでしょう。

 

なお会社の承諾があれば、特別の事情がなくても期間途中で退職できますが、

その際には、正社員と同じような退職手続きが必要になります。