【正社員向け】人間関係が悪く会社を辞めたい時の対処法

2020年2月25日

こんにちは!

 

職場が楽しいか楽しくないかは、人間関係がうまくいくかどうかに影響される点が大きいので、

人間関係が良くない場合、職場が面白くなくて、正社員でも辞めたいと思うことがよくあります。

 

そこで今回は、正社員が人間関係が原因で会社を辞めたい場合について書いていきます。

 

正社員の人間関係の悩みは深刻化する

 

正社員となると、アルバイトとは異なり仕事に生活がかかってくるので、そう簡単に辞めることはできません。

特に扶養している家族がいる場合はなおさらです。

 

従って、職場での人間関係が悪い場合、辞めたいけど辞められないというジレンマに陥り、

悩みも深刻化しやすい傾向があります。

 

大きな会社であれば定期的に移動があるので、

職場の人間関係が悪い場合でも、異動の時期まで我慢して、

移動があって職場の人間が変われば、人間関係の問題が解決するということもしばしばあります。

 

就職した直後の場合は別としても、ある程度正社員として長く働いた方であれば、

職場内の人間関係をうまく構築していく方法をマスターしていて、人間関係で深刻に悩むということは少ないようです。

 

しかし、それでも職場で孤立したり、上司とそりが合わないといったことが起こらないと言い切ることはできません。

 

人間関係を理由に正社員を辞めない方がよい

 

職場の人間関係が悪いといっても、本人の努力次第で、職場の人間関係は改善できます。

 

上司からひどいパワハラを受けているというような場合には、

社内の相談窓口や労働基準監督署などに相談することで、解決できることが多いです。

 

挨拶をしっかりするとか、残業中に菓子を配るなどといった簡単なことで、

職場の人間関係が改善することもあります。

 

スタンドプレーが原因で職場内で孤立している場合では、

チームワークを重視するように行動パターンを改めれば、人間関係が良くなります。

 

特に40代以降の場合、特殊な技術や技能がないと再就職は難しくなります。

人間関係という比較的改善が容易なものを理由としては、会社を辞めない方がよいでしょう。