「辞められない」なんてことは無い!人手不足でも仕事は辞められる!

2020年2月21日

こんにちは!

 

「人手不足だから会社を辞めないでほしい」というのは、

退職の申し出をした退職希望者を、会社が引き留める場合の常套手段です。

 

そこで今回は、仕事を人手不足を理由に辞められないケースについて書いていきます。

 

人手不足でも会社は辞められる

 

会社に退職の申し入れをした時に、

「人手不足なので何とか辞めないでほしい」といって退職を引き留められることがあります。

 

しかしこの留意については、気にする必要はありません。

 

従業員が辞めることは頻繁にありますし、突然の退職でも人手不足にならないようにするのは、会社の当然の責任です。

 

退職される方は、引き継ぎをしっかりする必要はありますが、会社を辞めることに関して、その以上の責任は負いません。

 

普通の従業員の方であれば、急に退職したからと言って、会社の事業が大きく滞ることはありません。

お仕事が一時的に忙しくなることはありますが、それはすぐに回復します。

 

会社が人手不足を理由に退職を引き留めしてきても、労働者には退職が保障されていますので、

自由に仕事を辞めることができます。

 

人手不足の会社を辞める際の注意点

 

人手不足の会社を辞める場合に、もし少しでも会社を思う気持ちがあれば、引き継ぎをしっかり行いましょう。

 

退職の申し入れは、退職予定日の1か月~3か月前に行うのが望ましいとされています。

この期間があれば、余裕をもって引き継ぎができます。

 

余裕をもって退職の申し入れを行ったにも関わらず、退職日に会社が人手不足を理由に退職を留意することは、

会社側は怠慢のそしりを免れないでしょう。

 

1か月から3か月の時間があれば、後任者を採用したり、シフト変更を行うなどして、

十分に退職後の人手不足の問題に対応できたはずです。

 

それができないで退職を引き留めるということは、会社側に非があります。

 

余裕をもって退職の申し入れを行い、十分に引き継ぎの機会をあたえたのであれば、

人手不足を理由とする退職の引き留を受入れなくても、退職者に全く落ち度はありません。