実際どうなの?会社を辞めるのに退職代行サービスは有効なの?

2020年2月21日

こんにちは!

 

グーグルなどの検索サイトの検索窓に「退職代行」と入力して検索すると、

実に多数の退職代行サービスのサイトがヒットしてきます。

 

そこで今回は、会社を辞める際に、その手続きを代行する退職代行サービスについて書いていきます。

 

退職代行サービスでサラッと会社を辞める

 

一般的な退職は、退職予定日の1か月から3か月前に退職の相談をし、

退職に関する段取りがまとまったら退職届を提出し、退職日までにお世話になった方に退職の挨拶を済ませ、

退職日に花束などを送られて退職という流れになります。

 

しかし退職には様々なケースがあり、必ずしもすべての退職が一般的な手続きによるというわけではありません。

 

職場で受けるストレスで心身とも疲れ切って会社を辞める場合には、

会社の人間と顔を合わせるのも嫌な状況になりますが、そういった場合は、とても普通の退職手続きはできません。

 

また、退職を言い出しにくくて退職を切り出せないまま、数カ月も時間が経過することもあります。

 

そういった時は、あまり悩まずに退職代行サービスを使って、サラッと退職し、

次なるステップに全力を傾けるという方法が有効です。

 

退職代行業者の存在で選択肢が増える

 

退職に関する手続きを自分で行わず、代行業者に委ねるというのは甘えすぎであるという意見もありますし、

そういった意見にも一理あることは間違いがありません。

 

しかし退職には様々なパターンがあり、その中の一部は、明らかに退職代行サービスを利用したほうがよいケースがあります。

 

退職代行サービスが法律的に認められている以上は、

それを使うことが甘えだから適切ではないと意見することは可能でも、禁止することはまではできません。

 

退職手続きのことで悩まないで、それは代行業者に任せ、

退職後の就職先探しや、個人事業主としての開業手続きなどにその分のエネルギーを使ったほうが良いという考えもあります。

 

退職代行サービス業者の存在によって、退職される方はそれだけ選択肢が増えるわけで、

それを使うかどうかは、自己判断・自己責任で行うとすれば、それはそれで筋の通った考え方です。