【裏ワザ】「逃げる!バックレる!」を避けて仕事を辞める方法

2020年2月15日

こんにちは!

ヤメカタです。

 

今回は「職場放棄(逃げる)という方法で会社を辞める」ということについて書いていきます。

 

先に書くと「バックレ」は会社に大きな迷惑がかかります。

本人の再就職にも支障があるので、行ってはならない行為です。

「バックレ」を行うよりも、退職代行サービスを利用した方が良いでしょう。

 

バックレとは何か

 

ほとんどの会社の就業規則では、無断欠勤を2週間続けると懲戒解雇となります。

 

極端ですが、突然会社を休んで会社からの携帯電話への着信をすべて拒否して、

2週間が経過すればそこで退職(懲戒解雇)となります。

 

このやり方で退職することを俗に「バックレ」といいます。

これは、現在勤めている会社に大きな迷惑がかかります。

解雇は再就職にも支障が出るので、原則としてやってはならない行為です。

 

狭い業界ですと、バックレたということが広まって

同じ業界での再就職が非常に困難になるケースがあります。

バックレた本人にとっても非常に嫌な思いが後々まで残ります。

 

バックレよりは退職代行サービスを利用する

 

会社とトラブルを起こして会社を辞める場合は、

会社の人間と顔を合わせるのも嫌だというケースが非常に多くなります。

 

その際、バックレたいという誘惑に駆られます。

そんな時は、バックレるよりも退職代行サービスを利用した方が良いでしょう。

 

退職代行サービスを利用すれば、

会社の人間と一度も顔を合わせることなく会社を辞めることができます。

バックレたのと実質的に同じことになります。

 

会社に対しても代理人(退職代行サービス業者)を通じてとなります。

退職手続きをしっかり行うわけですから、

会社に大きな迷惑がかかるということはありません。

 

バックレが正当化される場合

 

バックレは原則としては行ってはならない行為です。

一定の状況下ではバックレを行うのが正当化されるケースがあります。

 

例えば、月の残業時間が100時間を超えるような長時間労働下にあり、

身体や精神に危険を感じるような状態や、殴る蹴るなど暴力を伴うパワハラを受けている場合などです。

 

こういったケースでは、会社に迷惑がかかるなどということは全く気にする必要はなく、

とにかく自分の身を守ることを最優先にすべきです。

 

バックレは最も簡単に会社を辞める方法ですので、

そういった緊急事態の場合には正当防衛として例外的に行ってもよいでしょう。