【重要】電話で仕事を辞めることは可能なの?メリットと注意点

2020年2月15日

こんにちは!

ヤメカタです!

 

今回は、電話を使って会社を辞める方法について解説します。

 

結論を先に書きます。

一部の例外を除いて、会社に対する退職の申し入れは口頭(電話)でも成立します。

従って、電話での退職の申し入れは原則可能です。

 

電話で退職の意思表示後、

一度も会社に出社することなく会社を辞めることができます。

 

電話での退職は可能か

 

法律上は、退職の申し入れは書面ではなく口頭でも成立することになっています。

従って、電話で退職の申し入れをした場合でも退職は成立することになっています。

 

会社の就業規則で退職の申し入れは書面で行う旨の規定がある場合は、

退職の際に書面による退職届の提出が必要です。

事前に就業規則を確認しましょう。

 

就業規則に

「退職の際には書面での退職届の提出が必要である」

という規定がない場合、会社が書面の提出を要求した場合でも無視して構いません。

 

電話で退職を伝える際の注意点

 

電話で退職を会社に伝える場合、

まず最初に電話で退職の意思を伝えることになったことについてお詫びを入れます。

 

電話での退職の意思は直属の上司に伝えるのが良いでしょう。

直属の上司とトラブルになっている場合にはそのさらに上の上司に伝えます。

 

退職理由は「一身上の都合」で十分です。

あれこれ言うと話をこじらせてしまう可能性があります。

 

電話で会社から留意された場合、退職の意思が固いことをしっかり伝えます。

 

出社や退職届の提出を求められた場合でも、

退職の際に退職届の提出を義務つける社内規定がない場合、拒否して構いません。

今後は、メール・電話以外の方法で連絡を取ることを拒否する旨をはっきり伝えます。

 

電話で退職を伝えるメリット

 

電話で退職を伝える方法のメリットは、

退職の意思表示後、一度も会社に出社することなく退職ができることです。

 

退職を伝えた後の会社とのやり取りは、

メールおよび電話以外は拒否する旨を会社に伝えれば、

あとはメールと電話のやり取りだけで退職できます。

 

会社にある自分の備品の返却は郵送で問題ありません。

貸与品の返却も郵便や宅配便を使います。

 

会社に人間と顔を合わせることが非常につらいことがあります。

この方法を上手に使えば、会社の人間と直接対面で交渉することなく、会社を退職できます。