【新卒向け】会社が仕事を辞めさせてくれない時の解決方法

こんにちは!

 

新卒の方は、社会人としての経験が少ないので、会社を辞めたくても、どうやって辞めたらよいか悩むことがよくあります。そこに会社が付け入って、執拗に退職妨害を繰り返すと、会社を辞めるに辞められない事態となります。

 

そこで、今回は、新卒の方が仕事を辞めたくても、会社が辞めさせてくれない場合の対処方法について書いていきます。

 

新卒で辞めさせてくれない時はまず相談

 

新卒の方の場合、社会人としての経験が少ないので、辞めさせたくない会社としては、扱いやすいのが実情です。

 

ブラック企業だと、簡単に「カモ」にします。

 

ある程度年齢になってくると、そういった会社の狡さが分かってくるのですが、新人の場合は、その狡さを見ぬけずに、罠にかかってしまうことがよくあります。

 

新卒の方が、会社を辞めたいと申し出ても、会社が辞めさせてくれない場合、少しでもおかしいと思ったら、親や友人、会社の信頼できる同僚、労働組合や労働基準監督署の総合労働相談コーナーなどに相談してみるといいでしょう。

 

新人の方は、会社が辞めさせてくれない場合は、一人で問題を抱え込まずに、第三者に相談することが非常に重要です。

 

一人で問題を抱え込むと、会社がそれに付け込んで、状況がますます悪化することがあります。

 

退職代行でサラッとやめる

 

新卒の方が、会社を辞めたいと伝えても、会社が執拗に引き留めるので、辞められない場合、理想を言えば、自分で会社と交渉して、円満退職に持っていくのがベストです。

 

しかし、普通の会社であればそれでよいのですが、間違ってブラック企業に就職してしまい、一刻も早く退職しないと取り返しのつかないことになりそうな場合や、もたもたしていると再就職の優良求人を逃してしまうこともあります。

 

そんな時、辞めさせてくれない会社と交渉して、時間を無駄にするよりも、退職代行サービスを使ってサラッとやめてしまったほうが良い場合も少なくありません。

 

退職代行に対しては「退職手続きを自分で行わず、人に頼むとは甘えすぎだ」という意見も一部にはありますが、状況によっては、退職代行は会社を辞めたくても辞められない新人の方の強力な助っ人になります。

 

退職代行

Posted by ek