【鉄則】転職で内定が出ているのに退職できない時の対処法【必見】

2020年2月15日

こんにちは。

 

今回は、転職先が決まっているので現在の会社を退職する必要があるのに、

会社が妨害するので退職できない場合について書いていきます。

 

このような場合は、退職代行サービスの利用が考えられます。

 

転職するために現在の会社を辞める場合には円満退職が理想的ですが、

会社が退職を妨害している場合には円満退職は不可能です。

 

円満退職が不可能であれば、退職手続きを自分でしても業者に代行しても大きな違いは生まれません。

 

だとすれば、退職手続きを自分でおこなって心理的なダメージを負うよりも、

専門業者に任せた方が安心と言えます。

 

退職代行サービスを利用する

 

転職が決まっているので、現在の会社を辞めや蹴ればならない時に会社が退職を妨害する場合には、

退職代行サービスの利用が適切です。

 

転職先の就職日が決まっている場合には、

その前に確実に現在の会社を退職している必要があります。

 

転職先のことを考えると、円満に現在の会社を辞めることが望ましいのですが、

会社が執拗に妨害工作を行う場合には、それも難しいです。

 

時間に余裕があれば、会社と交渉して円満退職に持っていくことも可能でしょうが、

転職先の就職日まで間もない場合には、それもかないません。

 

そんな時、退職代行サービスが退職手続きと退職後の後始末をしてくれるとすれば、

多少費用がかかっても、利用する価値があります。

 

理想は円満退職です

 

転職する場合の現在の会社の理想的な辞め方は、円満退職です。

 

円満退職の場合、前の会社で築き上げた人脈がそのまま利用できるので、

転職先でのお仕事に良い影響を与えます。

 

円満退職ではない場合、前の会社の人間との人間関係が切れてしまいますので、

転職先でその人脈を生かすことはできません。

 

また、心情的にも、円満退社の場合再就職の際にしこりが残りませんが、

そうでない場合、再就職先でも結局うまくいかなくて退職するのではないかという不安が出てきて、

しこりが残ります。

 

しかし、会社が退職を引き留めているにもかかわらず、

それを押し切って転職のために退職するという場合には、円満退職というわけにはいきません。

 

どうせ円満退職ができないのであれば、退職手続きを自分でやってキズを広げるよりも、

その手続きを業者に依頼して、自分は再就職の準備に専念するというもの悪くないでしょう。

 

退職代行サービスは使いよう

 

退職代行サービスのことを悪く言う意見も一部には聞かれますが、

状況によっては、退職代行サービスによって労働者の方が大きな利益を受ける場合もあります。

 

転職先が決まっていて、現在の会社を退職しなければならないのに、

現在の会社が辞めさせてくれないので困っている場合も、退職代行サービスの利用が適切なケースです。

 

悪徳な会社であれば転職先が決まっていることを知っていて、

わざと報復目的で退職を妨害するところもあります。

 

そいう言った会社と一人で戦うのもいいですが、

そんなのは相手にしないで、退職代行サービスを利用して即日に退職すれば、スッキリします。

 

退職代行

Posted by ek